このページの本文へ移動

カリキュラム・取得可能資格

特色ある授業科目等

科目名 内容
地域交流サテライト実習 入学したばかりの1年生を対象に新潟県内の農林業の現場、食品産業工場、研究所などを見学し、地域産業の実態ならびに地域が抱える問題点を把握し、農学部で学ぶ意欲を高めることを目的にしています。学生は、希望により複数の場所を訪問し、レポートを提出します。
基礎農林学実習 2年生を対象に、フィールド科学教育研究センターで、農業生産(稲作、畑作、家畜飼育)を体験したり、森林や緑地環境をフィールドで学ぶ(植樹や森林管理など)実習です。農場や演習林をフル活用します。
新潟の農業 学部共通で、1年生を対象に新潟県の農業生産に関わる土壌環境や、作物、園芸、畜産、食品加工等の各分野の特徴と現状について学内外の専門家が解説し、地域農業のあり方を考える講義です。農業生産科学科では必修科目に指定されています。
化学実験
微生物学実験
生物科学実験
生物学実験
有機科学実験
いずれも応用生物化学科の必修科目で、各種化学分析、物質の分離精製、菌の培養、遺伝子解析、組織観察など研究で必須な技術や、機器・薬品の取扱い、データ解析、結果考察などを学びます。
ビオトープ計画及び環境アセスメント演習 生産環境科学科の専門科目です。ビオトープ計画については人工的要素の強い環境に人と自然の共生空間を創出するための技 術的な演習を行います。また、実際に環境アセスメントが実施されている現場を見学し、アセスメントのやり方を学ぶとともに、具体的な事例をもとに仮想的な 環境アセスメント計画を立案します。

c8hkde0000001a5a

卒業に必要な単位(平成27年度現在)

単位数 主な授業科目例
教養教育科目(A) 40 スタディ・スキルズ、水を巡る農の旅、生命と環境の化学
専門教育科目(B) 80 食料資源問題入門、応用生物化学概論、生産環境科学概論
(A)及び(B)から 4 コメ産業論、生物資源論、研究者の仕事と生活
合計 124

取得できる教員免許・資格等

学科 教員免許 資格等
農業生産科学科 高校1種(農業) 家畜人工授精師(資格)
応用生物化学科 高校1種(理科) 食品衛生管理者(資格)、食品衛生監視員(資格)、フードスペシャリスト(受験資格)、危険物取扱者(甲種)(受験資格)
生産環境科学科 高校1種(農業) 技術士補(JABEE認定)、測量士補(資格)、樹木医補(資格)、自然再生士補(資格)、ビオトープ管理士2級(試験科目一部免除)、森林情報士2級(資格)、GIS学術士(資格)

 

新潟大学シラバス検索(Syllabus Search)