このページの本文へ移動

経済学部

経済学科(昼間コース)

教育内容・特色

経済学部は、世界水準の先端を行く研究と地域拠点にふさわしい研究を教員が発信することにより、経済学と経営学にまたがる基礎的かつ専門的な知識及び知 的枠組みを学生に伝達します。経済学科では、経済学についての知識を中心にした幅広い視野から課題を探究できる能力を有し、国内外の企業や公的団体などで 中核的役割を担いうる資質を有する人材の育成を目指すと共に、より豊かな知的探究心を持った創造的社会人を育成します。
経済学科には、「近代経済学」と「グローバル経済」という密接に関連する2つの専門領域があります。「近代経済学」では、社会経済の基本的制度を学び、 経済モデル(理論)分析と経済データ(実証)分析の方法を習得することにより、経済学部ならではの知的センスと実践的分析能力をもった学生を育てることを 目標としています。「グローバル経済」では、地球規模に拡大した経済活動(グローバル経済)に歴史的観点を入れながら様々な切り口から分析する科目を学ぶ ことにより、幅広い視野をもった学生を育てることを目標としています。
2つの専門領域に属する豊富な専門科目を体系的に履修するにあたり、学生一人一人に対して教員が履修相談を行います。少人数の演習を開講し、専門的な教 育を与えるだけでなく、全人的な教育にも及ぶ指導を行います。卒業論文では、一対一の個別指導を行い、学生の関心にあわせて教員が論文作成の指導をし、課 題の発見と探究の能力を育成します。

求める学生像

  • 社会の多様な問題に強い関心を持っている人。
  • 経済学の確かな専門知識を身につけたいと考えている人。
  • 経済学だけでなく、経営学、さらには文系・理系の幅広い教養を身につけたいと考えている人。
  • 地域社会や国際社会で活躍する意欲を持っている人。
  • 金融機関や行政機関等、経済学を活かした職業を志す人。
  • 高等学校卒業程度の幅広い基礎学力を有し、国語・英語の文章読解力及び数学的・論理的思考力を備えている人。

入学者選抜の基本方針

一般入試(前期日程)

高等学校卒業レベルの十分な学力を備え、経済学の諸科目を学習し、専門的職業人を目指す素地をもつ人を選抜します。 大学入試センター試験で〔5教科7科目もしくは8科目〕又は〔6教科7科目もしくは8科目〕#を課すとともに、個別学力検査では記述式の国語、数学、外国 語の試験を課し、経済学部で学ぶために必要な基礎学力を総合的に判定します 。

一般入試(後期日程)

高等学校卒業レベルの十分な学力を備え、経済学の諸科目を学習し、専門的職業人を目指す素地をもつ人を選抜します。 大学入試センター試験で〔5教科7科目もしくは8科目〕又は〔6教科7科目もしくは8科目〕#を課して基礎学力を確認するとともに、個別学力検査では社 会・経済に関する総合問題を課し、読解力、論理的思考力、表現力等を総合的に判定します 。

 

一般入試(前期日程・後期日程)では、大学入試センター試験の利用教科・科目に関し、I型とII型があります。
I型では、国語、数学(2科目)、理科(「理科①(注1)から2」又は「理科②(注2)から1」)、外国語、地歴・公民(1教科2科目または2教科2科目)の〔5教科7科目もしくは8科目〕又は〔6教科7科目もしくは8科目〕を利用します。
II型では、国語、数学(2科目)、理科(「理科①から2及び理科②から1」又は「理科②から2」)、外国語、地歴・公民の5教科7科目もしくは8科目を利用します。
(注1)理科①は、「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」、「地学基礎」を指します。
(注2)理科②は、「物理」、「化学」、「生物」、「地学」を指します。

 

推薦入試

  • 高等学校等より推薦された者の中から、人物・学業成績ともに優れ、経済学に深い関心をもち、旺盛な勉学意欲をもつ人を選抜します。
    社会経済問題を題材とする小論文を課し、出願書類の審査と合わせて合否判定します。

経済学科(夜間主コース)

教育内容・特色

経済学部は、世界水準の先端を行く研究と地域拠点にふさわしい研究を教員が発信することにより、経済学と経営学にまたがる基礎的かつ専門的な知識及び知 的枠組みを学生に伝達します。経済学科では、経済学についての知識を中心にした幅広い視野から課題を探究できる能力を有し、国内外の企業や公的団体などで 中核的役割を担いうる資質を有する人材の育成を目指すと共に、より豊かな知的探究心を持った創造的社会人を育成します。
経済学科には、「近代経済学」と「グローバル経済」という密接に関連する2つの専門領域があります。「近代経済学」では、社会経済の基本的制度を学 び、経済モデル(理論)分析と経済データ(実証)分析の方法を習得することにより、経済学部ならではの知的センスと実践的分析能力をもった学生を育てるこ とを目標としています。「グローバル経済」では、地球規模に拡大した経済活動(グローバル経済)に歴史的観点を入れながら様々な切り口から分析する科目を 学ぶことにより、幅広い視野をもった学生を育てることを目標としています。
2つの専門領域に属する豊富な専門科目を体系的に履修するにあたり、学生一人一人に対して教員が履修相談を行います。少人数の演習を開講し、専門的な 教育を与えるだけでなく、全人的な教育にも及ぶ指導を行います。卒業論文では、一対一の個別指導を行い、学生の関心にあわせて教員が論文作成の指導をし、 課題の発見と探究の能力を育成します。
経済学部にのみ設けられている夜間主コースでは、社会人学生を受け入れています。夜間主コースの学生は、社会経験を積んだ幅広い年齢層から構成されて います。夜間主コースの学生は昼間の時間帯の講義を履修することができ、一般学生との交流を通じて新たな学問的かつ人間的な刺激を与え合っています。

求める学生像

  • 社会の多様な問題に強い関心を持っている人。
  • 経済学の確かな専門知識を身につけたいと考えている人。
  • 経済学だけでなく、経営学、さらには文系・理系の幅広い教養を身につけたいと考えている人。
  • 地域社会や国際社会で活躍する意欲を持っている人。
  • 金融機関や行政機関等、経済学を活かした職業を志す人。
  • 高等学校卒業程度の幅広い基礎学力を有し、国語・英語の文章読解力及び数学的・論理的思考力を備えている人。

入学者選抜の基本方針

社会人特別入試(夜間主コース)

  • 社会人としての経験を基に専門的知識と教養を身につけたい、あるいは昼間働きながら勉強を続けたい、という強い勉学意欲をもつ人を選抜します。
  • 入学試験では、社会・経済問題を題材とする小論文を課し、読解力、論理的思考力、表現力等を総合的に判定します。

※上記以外に第3年次編入学試験を実施しています。

経営学科(昼間コース)

教育内容・特色

経済学部は、世界水準の先端を行く研究と地域拠点にふさわしい研究を教員が発信することにより、経済学と経営学にまたがる基礎的かつ専門的な知識及び知的枠組みを学生に伝達し、そのことを通して、国内外や地域の幅広い分野で活躍できる専門的職業人を育成します。
経営学科は、一般的な企業経営の領域に加えて、公共経営と会計・税務の領域も擁し、これら3つの領域に関する専門基礎知識と理論を体系的に提供しま す。学生の体系的な履修を支援するため、企業経営や公共経営、会計・税務の領域ごとに履修モデルを設け、各学期初めに履修相談員による履修指導を行ってい ます。
経営学科の教育内容の特徴は、企業経営と公共経営を「組織マネジメント」として一体的にとらえ、組織マネジメント(企業経営と公共経営)とそれを支え る基盤(会計・税務)とを体系的に関連付けていることにあります。経営学科では、企業や公的機関における効果的な組織運営と、これら組織の活動対象となる 顧客や市民というヒトと組織とのつながりを実践的に探求します。
講義形式の授業だけでなく、少人数の演習を開講し、専門的な教育を与えるだけでなく、全人的な教育にも及ぶ指導を行います。
卒業論文指導では、一対一の個別指導を行い、学生の関心にあわせて教員が論文作成の指導をし、課題の発見と探究の能力を育成します 。
経営学科は、経営学に関する専門知識と理論を活用して、積極的に問題解決に取り組み、民間企業のみならず公的機関や会計事務所・監査法人などにおいても活躍できる人材の育成を目指しています。

求める学生像

  • 経営学に関する確かな専門基礎知識および理論を身に付けたい人。
  • 企業や公的機関といった組織の行動原理について高い関心を有する人。
  • 総合大学の利点を活かして、経営学のみならず、学際的・国際的視野のもとで幅広い知識を身に付けたい人。
  • 経営学に関する専門能力を活用して企業や公的機関で活躍したい人。
  • 国税専門官、税理士、公認会計士といった専門職を志す人。
  • 高校卒業程度の基礎学力を有し、国語・英語の文章読解力および数学的・論理的思考力を備えている人。

なお、大学入学前に簿記会計の学習をしていなくても、入学後の学習に支障はありません。

入学者選抜の基本方針

一般入試(前期日程)

高等学校卒業レベルの十分な学力を備え、経営学科の諸科目を学習し、専門的職業人を目指す素地をもつ人を選抜します。
大学入試センター試験で〔5教科7科目もしくは8科目〕又は〔6教科7科目もしくは8科目〕#を課して基礎学力を確認するとともに、個別学力検査では記述式の国語、数学、外国語の試験を課し、経営学科で学ぶために必要な基礎学力を総合的に判定します。

一般入試(後期日程)

高等学校卒業レベルの十分な学力を備え、経営学科の諸科目を学習し、専門的職業人を目指す素地をもつ人を選抜します。
大学入試センター試験で〔5教科7科目もしくは8科目〕又は〔6教科7科目もしくは8科目〕#を課して基礎学力を確認するとともに、個別学力検査では特に社会・経済に関する総合問題を課し、思考能力や日本語の理解力・表現力を総合的に判定します。

 

一般入試(前期日程・後期日程)では、大学入試センター試験の利用教科・科目に関し、I型とII型があります。
I型では、国語、数学(2科目)、理科(「理科①(注1)から2」又は「理科②(注2)から1」)、外国語、地歴・公民(1教科2科目または2教科2科目)の〔5教科7科目もしくは8科目〕又は〔6教科7科目もしくは8科目〕を利用します。
II型では、国語、数学(2科目)、理科(「理科①から2及び理科②から1」又は「理科②から2」)、外国語、地歴・公民の5教科7科目もしくは8科目を利用します。
(注1)理科①は、「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」、「地学基礎」を指します。
(注2)理科②は、「物理」、「化学」、「生物」、「地学」を指します。

 

推薦入試

  • 高等学校等から推薦された、人物・学業成績ともに優れ、経営学に深い関心をもち、旺盛な勉学意欲をもつ人を選抜します。
    社会・経済問題を題材とする小論文を課し、出願書類の審査と合わせて合否判定します。

経営学科(夜間主コース)

教育内容・特色

経済学部は、世界水準の先端を行く研究と地域拠点にふさわしい研究を教員が発信することにより、経済学と経営学にまたがる基礎的かつ専門的な知識及び知的枠組みを学生に伝達し、そのことを通して、国内外や地域の幅広い分野で活躍できる専門的職業人を育成します。
経営学科は、一般的な企業経営の領域に加えて、公共経営と会計・税務の領域も擁し、これら3つの領域に関する専門基礎知識と理論を体系的に提供します。学生の体系的な履修を支援するために、各学期初めに履修相談員による履修指導を行っています。
経営学科の教育内容の特徴は、企業経営と公共経営を「組織マネジメント」として一体的にとらえ、組織マネジメント(企業経営と公共経営)とそれを支える 基盤(会計・税務)とを体系的に関連付けていることにあります。経営学科では、企業や公的機関における効果的な組織運営と、これら組織の活動対象となる顧 客や市民というヒトと組織とのつながりを実践的に探求します。
講義形式の授業だけでなく、少人数の演習(文献研究)を開講し、専門的な教育を与えるだけでなく、全人的な教育にも及ぶ指導を行います。
卒業論文指導では、一対一の個別指導を行い、学生の関心にあわせて教員が論文作成の指導をし、課題の発見と探究の能力を育成します。
新潟大学で経済学部にのみ設けられている夜間主コースでは、社会人学生を受け入れています。夜間主コースの学生は、社会経験を積んだ幅広い年齢層から構成されており、学生同士の交流を通じて新たな学問的かつ人間的な刺激を与え合っています。
夜間主コースの学生は夜の時間帯のみならず昼間の時間帯の講義を履修することができ、履修計画に柔軟性があります。また、経済学部の科目だけでなく他学部の科目を履修することもできますので、幅広く学ぶことも可能で、総合大学の強みを享受することができます。

求める学生像

経営学科では次のような学生を求めています。

  • 経営学に関する確かな専門基礎知識および理論を身に付けたい人。
  • 企業や公的機関といった組織の行動原理について高い関心を有する人。
  • 総合大学の利点を活かして、経営学のみならず、学際的・国際的視野のもとで幅広い知識を身に付けたい人。
  • 経営学に関する専門能力を活用して企業や公的機関で活躍したい人。
  • 国税専門官、税理士、公認会計士といった専門職を志す人。
  • 高校卒業程度の基礎学力を有し、国語・英語の文章読解力および数学的・論理的思考力を備えている人。

なお、大学入学前に簿記会計の学習をしていなくても、入学後の学習に支障はありません。

入学者選抜の基本方針

社会人特別入試(夜間主コース)

社会人としての経験を基に専門的知識と教養を身につけたい、あるいは昼間働きながら勉強を続けたい、という強い勉学意欲をもつ人を対象とします。
入学試験では、社会・経済問題を題材とする小論文を課し、読解力、論理的思考力、表現力等を総合的に判定します。

※上記以外に第3年次編入学試験を実施しています。