このページの本文へ移動

医学部医学科

教育内容・特色

医学科の教育理念と教育目標に基づき,学位授与の方針に合致した人材を育成するために、共通教育科目と専門教育科目を体系的に編成し、能動的学修(アクティブラーニング)の機会を全学年で設けると共に、先端医学、社会的要請、国際基準に対応する教育課程を編成・実施しています。

求める学生像

  • 高等学校卒業レベルの基礎学力を十分に有する人
  • 医学を学ぶ上で重要な科目への高い理解力と応用力を有する人
  • 良き医療人・医学者になるための強い学習意欲と科学的探求心を有する人
  • 協調性に富み、豊かな教養と人間性を有する人
  • 広い視野を有し、積極的に行動できる人

入学者選抜の基本方針

一般入試(前期日程)

  • 高等学校卒業レベルの基礎学力を持つとともに、専門分野に関連する科目への高い理解度と応用力をもつ学生を選抜します。
  • 大学入試センター試験では、5教科7科目の試験を課し、高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力検査では、英語、数学、理 科(物理・化学・生物から2科目選択)を課し、医学を学ぶ上で特に重要な科目への理解度と応用力を評価します。面接試験では、理解力や判断力とともに人間性、倫理観、協調性や向学心を評価します。

推薦入試

  • 高等学校卒業レベルの基礎学力を持ち、医学を学ぶ上で重要な科目への高い理解力と応用力を有し、意欲的で協調性に富み行動力に溢れる学生を選抜します。
  • 大学入試センター試験では、5教科7科目の試験を課し、基礎学力を評価します。調査書、志願理由書および面接試験では、理解力や判断力とともに人間性、倫理観、協調性や向学心を評価します。
  • 推薦入試(地域枠)では、推薦入試(一般)と同様のほか、とくに面接試験において新潟県で医療を担う強い意志を有することを評価します。