このページの本文へ移動

研究費支援制度(自然科学研究科博士後期課程)

趣旨

新潟大学大学院自然科学研究科では、博士後期課程学生に研究費を支給する支援事業を設立し、平成18年度から実施することにしました。
本事業は、博士後期課程1年次から3年次までの学生全員を対象として一定の条件の下に研究費を支給するものであり、教育研究環境の整備向上と人材育成に寄与することを目的としています。

概要

1 概要  本制度は、自然科学研究科博士後期課程の学生に対し、一定の条件の下でリサーチ・アシスタント(以下「NRA」という。)の実施を通して研究費の支援を行うものです。
2 研究費  NRAに支給される研究費は、給与所得としてみなされ、課税の対象(確定申告の対象)となります。
3 支援種別  支援する研究費は、一般支援と入学時特別支援の2種類です。
4 支給額  支給額は、一般支援が年額15万円として3年間、入学時特別支援は入学初年度に25万円がそれぞれ支給されます。
5 支援対象者等 (1) 一般支援対象者(D1.2.3)

進学者、一般選抜入学者及び私費外国人留学生特別選抜入学者が対象です。
ただし、対象者のうち企業等から授業料相当の財政支援を受けている者、並びに3年を超えて履修している人を除きます。
なお、支援月数は3か月(月額50,000円)とします。

(2) 入学時初年度特別支援対象者(D1)

入学初年度学生が対象です。
ただし、進学者、国費外国人留学生、外国政府派遣外国人留学生、日本学術振興会特別研究員採用者、企業等から入学金料相当の財政支援を受けている者を除きます。
なお、支援月数は5か月(月額50,000円)とします。

6 その他  この制度の実施にあたっては、新潟大学自然科学研究科独自のリサーチ・アシスタント制度に関する取扱要項の定めるところによります。

お問い合わせ先

指導教員又は
自然科学系自然科学研究科総務係  TEL 025-262-7399