このページの本文へ移動

国際・大学知財本部コンソーシアム(UCIP)

国際・大学知財本部コンソーシアム(UCIP)
University Consortium for International Intellectual Property Coordination

平成20年度「産学官連携戦略展開事業(戦略展開プログラム:国際的な産学官連携活動の推進)」

国際・大学知的財産本部コンソーシアム(UCIP)とは

地方大学においても、世界に通用する高度な研究が数多く行われております.しかしながら、国際的な産学官連携に必要なインフラを整備することは、膨大なコストが必要であり、地方大学が単独で国際展開に必要な知的人材や海外情報、資金を確保することは困難であるとともに、費用対効果もあまり高くありません.

そこで、国際的な産学官連携の推進において、共通する課題や有益情報(ノウハウ)を共有化するとともに、各大学の十分ではない機能を相互に補完することが出来る大学間ネットワークとして、「国際・大学知的財産コンソーシアム(UCIP)」を山梨大学と協同で設立しました.

UCIPの主な機能は、以下の4項目が挙げられます.

1. 国際知財人材の共同養成
E-Learning、遠隔教育、各大学の擁する専門人材の派遣、海外研修の実施
2. 知財・法務関係事務の共有化
各種契約書、申請書類、各国の知財・法律関連手続き、留意事項などのデータベース化
3. 有益情報の共有化&情報の共同発信
各国の技術動向やイベント情報の共有化、ホームページによる共同情報発信
4. 海外拠点との連携&相互活用
各大学の交流拠点との連携・活用推進、海外の産学官連携機関との連携推進

また、海外特許の戦略的な取得の方策として、特許のパッケージ化により、国際競争力の向上を図ります.

consortium_2