新潟大学経営戦略本部 男女共同参画推進室

HOME
Niigata University Gender Equality Office
  • 関連リンク
  • アクセス
  • お問い合わせ
HOME > サイエンス・セミナー

研究者のキャリアアップ支援

次世代の研究者育成支援

日本の研究者人口は、平成28年現在、約67万人とされています。これは国民の200人に1人が研究者であることを意味しており、この比率は先進諸国の中では最も高いものです。 しかしながら、研究者に占める女性や40歳以下の若手の割合はとても低いレベルで留まっており、女性研究者や若手研究者を増やすことが日本の課題のひとつとなっています。
新潟大学では、こうした科学技術・学術分野の人材の多様化を推進するために、若手・女性研究者の育成支援の一環として「中高生・大学生の進路選択支援活動」を行っています。


新大Wits(-ウィッツー)によるサイエンス・セミナー

大学で学ぶ、研究するってどんなもの?
サイエンス・セミナーは、新潟大学の全研究科から集まった大学院生(愛称:新大Wits)が、中高生に対し、「自分の研究」や「これまでの進路選択」などを紹介する出前授業です。 年間、約30校、のべ3000人の中高生が、大学での模擬講義や学校での出張授業などで「サイエンス・セミナー」を受講しています。
中高生にとって少しだけ先輩となる大学院生が、リアルな大学生活や実験や調査などの研究の様子を楽しく紹介します。

詳しくはこちら

女子中高生の理系進路選択支援

特に少ないのは理系分野の女性研究者。
科学技術振興機構(JST)が主導する「女子中高生の理系支援路選択支援プログラム」に取り組んだことをきっかけとして、「リケジョ」を応援するための以下の活動を継続しています。

 ● 放課後理系進路相談会”リケジョ塾”
 ● 科学体験&講演会”リケジョでサイエンス!”
 ● オープンキャンパス企画「集まれ!理系女子」

詳しくはこちら

新潟の元気な女性研究者を紹介するニューズレター「Ni-Che!(ニッチェ)」の発行

女性研究者って、どんな仕事、どんな生活をしているの?
そんな疑問に答えるため、新潟大学の女子学生が新潟県内の女性研究者を取材して紹介する活動をしています。
これまでに、以下の機関を取材してきました。ニューズレターをご覧になりたい方は男女共同参画推進室までお問合せください。

ニッチェ
<Ni-Che!イメージ>


 ● 第1号(平成27年11月発行) 株式会社タケショー 
 ● 第2号(平成28年 2月発行) 長岡工業高等専門学校 
 ● 第3号(平成28年 5月発行) 亀田製菓株式会社
 ● 第4号(平成28年 8月発行) 長岡科学技術大学 
 ● 第5号(平成28年11月発行) 株式会社ソリマチ技研 
 ● 第6号(平成29年 2月発行) 新潟県環境衛生研究所 
 ● 第7号(平成29年 5月発行) 日本海区水産研究所
 ● 第8号(平成29年 8月発行) 新潟大学