このページの本文へ移動

新潟県最古・日本列島最北の出土となる古墳時代中期の鎧を発見しました

2017年04月12日 水曜日 研究成果

人文学部の橋本博文教授が代表を務める牡丹山諏訪神社古墳発掘調査団では、このほど、同古墳において新潟県最古となる古墳時代中期の鎧を発見しました。これは古墳時代の鎧としては日本列島最北の出土例でもあり、今回の発見は、ヤマト政権の版図やヤマト政権と牡丹山諏訪神社古墳被葬者の関わりを考える上で重要な手がかりとなります。
なお,今回出土した鎧は現在,旭町学術資料展示館にて特別展示しております。

詳しくはこちら(PDF:421KB)