このページの本文へ移動

経済学部寄附講義において日本税理士会連合会副会長を講師にお招きしました

2017年04月17日 月曜日 トピックス

本学経済学部では,平成28年度から3年間,日本税理士会連合会による寄附講義を開講し,第一線で活躍する税理士を講師に迎え,実務・実践的な租税教育の講義を開設しています。

日本税理士会連合会から大学が寄附を受けるに当たり,その大学の出身税理士が講義を行うことから,多数の税理士を輩出しており,校友会や会計人会の運営に税理士が参加していることが条件になっています。新潟大学においては,六華(りっか)会計人会がその役割を担っています。

本寄附講義では,税理士が実務で直面する法人・個人の起業や相続・事業継承などの実例を取り上げることで,会社法及び労働法などの法律上の問題や中小企業の経営の実務を踏まえながら,税に関する知識をより実践的に習得することを目標としています。

4月13日(木)には,日本税理士会連合会の松原弘明副会長をお招きし,「現代社会における税理士の使命」と題した講義を行いました。
ご自身の経験も交えながら,税理士の業務や使命について語られ,受講した約300人の学生たちは,普段なかなか聞くことのできない,実践的な話に真剣な表情で耳を傾けていました。

寄附講義 寄附講義

本件に関するお問合せ先

新潟大学広報室
電話 025-262-7000
FAX 025-262-6539