このページの本文へ移動

2017 世界女性サミット(GSW)東京大会に参加した学生が学長に報告を行いました

2017年06月19日 月曜日 トピックス

世界の経済界や政界の女性リーダーが一堂に集う「世界女性サミット(Global Summit of Women)東京大会」(以下,GSW東京大会)が,5月11日(木)~13日(土)グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)などで開催され,本学経済学部経営学科3年の高井真由さんがヤングリーダー特別招待生として参加し,6月8日(木)に,髙橋学長へ活動報告を行いました。

学長への報告の様子
サミットでの経験を語る高井さん 
学長への報告の様子
前列左から,伊藤准教授,高井さん,髙橋学長,大浦理事(教育担当)
後列左から,小久保副学長(ダイバーシティ担当),澤村経済学部長

GSW東京大会には,世界95カ国や国際機関から約1400人の参加があり,世界経済における女性の地位向上や活躍推進を目的に,行政・民間企業・非営利組織の指導者らが3日間にわたって議論を繰り広げました。
今回参加した高井さんは,「SFC-TOMODACHI Entrepreneurship Seminar」で優勝し,優勝特典であるシリコンバレー研修ツアー(米国)を経験するなど,ゼミの仲間たちと取り組んだビジネスプランコンテストの成果が評価され,全国の大学生ら約20名とともにGSW東京大会のヤングリーダー特別招待生に選ばれました。

指導教員である経済学部の伊藤龍史准教授とともに学長報告を行った高井さんは,「会議で発言する人の熱量に圧倒された。海外からの参加者とも交流ができ,充実した3日間だった」などと写真を示しながら熱く語っていました。