このページの本文へ移動

工学部山口芳雄教授が日本人初の国際賞を受賞しました

2017年08月09日 水曜日 研究成果

本学工学部の山口芳雄教授が国際学会であるIEEE Geoscience Remote Sensing Society の 2017 Distinguished Achievement Awardを受賞しました。

この賞は数年の期間にわたって地球科学やリモートセンシング分野に最も貢献のあった人物が毎年世界でひとり選出されるもので,山口教授の受賞は日本人初の快挙となりました。

今回の受賞は”For contributions to Polarimetric Synthetic Aperture Radar Sensing & Imaging and Its utilization”,すなわち,偏波合成開口レーダにおけるセンシング,画像化手法とその利用に対する貢献に対して授与されたものです。

なお,IEEE(アイトリプルイー)とは、Institute of Electrical and Electronics Engineersの略称で,世界最大の電気電子専門家組織です。
1884年設立のAIEE(American Institute of Electrical Engineers)と1912年設立のIRE(Institute of Radio Engineers)の統合により,1963年1月にIEEEとしてスタートしました。 IEEE Geoscience and Remote Sensing Societyは,地球科学とリモートセンシングの研究分野のグループです。

授賞式の様子 国際賞のaward plaque 受賞した山口芳雄教授

本件に関するお問合わせ先

新潟大学総務部総務課広報室
電話 025-262-7000
FAX 025-262-6539