このページの本文へ移動

学長あいさつ

lspresident 新潟大学は,長い歴史と豊かな伝統を有し,その前身は約150年前までさかのぼることができます。1949年5月に新制国立大学として発足して以来,環日本海地域における学術の中心としての役割を果たしてまいりました。
今日では,10学部(2017年4月から「創生学部」が加わり10学部となりました。)6研究科,2研究所,医歯学総合病院等を有し,約13,000人の学生と約3,000人の教職員を擁する大規模総合大学に発展しました。
これもひとえに皆様のご支援の賜と深く感謝申し上げます。
2004年4月に国立大学法人新潟大学として新たなスタートをきった本学は,「自律と創生」を全学の理念とし,教育と研究を通じて地域から世界まで着実な発展に貢献することを目的として,教育・研究・社会貢献活動の一層の高度化・活性化を推進してまいりました。

最近では時代の期待に応えられる新しい大学づくりとして創生学部の創設や理学部,工学部,農学部の改組などを行いました。
併せて学生の修学支援,国際交流活動,キャンパス環境の整備など,より快適な教育・研究環境の充実をめざす活動も推進し,魅力ある大学づくりにも積極的に取り組んでいます。
これらの目標を確実に実現するためには,財政基盤の確立が不可欠です。そこで2009年に「新潟大学基金」を創設し,この基金を活かし,より高い教育・研究成果の結実,社会への大きな貢献など,皆様方からのご期待に応えるよう努めてまいりました。
さらにこの度,経済的理由により修学が困難な学生に対する支援事業に特化した「新潟大学まなび応援基金」を創設いたしました。
これら二つの基金を有効に活用しつつ,皆様方からの本学への期待に応えてまいる所存でございます。なにとぞ一層のご支援を賜わりますようお願い申し上げます。

新潟大学長 髙 橋  姿