このページの本文へ移動

姿デザイン ~髙橋姿学長ビジョン~

姿デザイン-環東アジア地域を基点に世界を見据えて

新潟大学は、高志(こし)の大地に育まれた敬虔質実の伝統と世界に開かれた海港都市の進取の精神に基づき、自律と創生を全学の理念に掲げています。日本海側ラインの中心新潟に位置する大規模総合大学として、環東アジア地域を基点に世界を見据え、教育と研究及び社会貢献を通じて、世界の平和と発展に寄与することを全学の目的としています。

そのため、世界に誇れる教育と研究の拠点を構築し、新潟大学の総合力を活かした学位プログラム(人材育成目標に基づいてカリキュラム設計された教育プログラム)に基づく教育を行います。学士課程では、広い教養と確かな専門性を有した問題解決型人材を養成します。また大学院においては、専門性の深化とともに、異分野の融合も可能とする教育研究を推進することで、国際社会のニーズに応えられる中核的人材を輩出します。

研究面では、脳研究など強み特色ある特定の分野の研究を重点支援することで、大学全体の研究力を高めます。

教育研究により得られた成果は、広く産業界や行政との連携を通じて社会に還元し、地域の活性化に貢献していきます。

新潟大学長

高橋 姿

将来展開に向けた機能強化基本戦略

国内でも少子高齢化が先行する日本海側に立地する大規模総合大学の特性を踏まえ、医療分野をはじめ分野横断的な教育研究拠点として存立し、地域貢献及び強み・特色ある分野の課題に重点的に取り組む。日本海側広域の課題解決への貢献を通じて地域社会における国立大学の役割を積極的に果たすとともに、将来急激な高齢化等の社会的課題への直面が予期される対岸アジア社会を基点とした国際交流のネットワーク強化を通じて得られた多様な成果を国内地域社会へも還元する。

【戦略1】 人材養成システム改革 :
新潟大学型質保証による学位プログラムの推進を中核とした教学システム改革

改革方針

本学が培ってきた全国に先駆ける教育改革の枠組み(全学科目化、分野・水準表示法、主専攻・副専攻プログラム等)の更なる進展のため、全学組織(教育・学生支援機構)を再編し本部と連携した教学システム改革を推進する。
この全学体制構築とあわせて、激変する社会に適応できる将来人材養成を期し、新たな教育組織「創生学部」創設、学士から博士課程を通じた再編を実施する。

戦略1

【戦略2】 社会貢献システム確立:
「環東アジア」地域教育研究拠点形成と地域社会への還元システム構築

改革方針

環東アジア地域における国際交流を活性化するための司令塔機能を担う学長直轄の全学統括体制を形成する。その下に行政・企業・大学等との県内外のプラットフォームを連結し地域間・機関間ネットワークを世界への発信力を高める基盤として更に発展させる。国際交流、国内社会連携で培った知見等を国内外双方向で活かし、研究成果の還元や、グローバル・地域中核人材輩出により日本海側ラインの強化へと貢献する。

戦略2
重点対象地域
【国内】(県内から広域へ展開)
新潟県域をはじめに東日本の日本海側地域一帯へ
【国外】(ゾーン1から3まで設定)
ロシア・韓国・中国・モンゴルをはじめ北東アジアから環東アジア一帯へ

【戦略3】 イノベーション創出環境醸成:
健康長寿と安全・安心社会の未来科学創生に向けた超域研究ネットワーク形成

改革方針

健康長寿と安全・安心社会形成への貢献のため、先駆的イノベーション創出と次世代の人材養成機能を強化する。総合大学の強みを活かし脳・神経科学はじめ医歯学分野におけるデータ利活用等分野を超えた融合・連携研究すなわち「超域」研究の活性化を通じ、学内から国内外の分野間・研究者コミュニティ間ネットワークを進展させる。そのため全学的テーマを複数年で設定、重点化する。

戦略3

中期経営基本戦略

環東アジアを拠点に世界を見据える大規模総合大学として存立する自らの特性を踏まえ、教育研究における特長の更なる伸長等を通じ、将来にわたる社会的使命を果たしていく。そのため、全学の機能強化につながる取組への重点化と資源獲得方策の強化、限りある資源活用の効率性・有効性向上などの「攻め」と「守り」を両立させたシステム確立により経営力を向上させ、自らの存立基盤の強化を実現していくことを目的とする。

【経営力強化に向けた実施方策1】 経営構造の体系化・可視化

中期経営基本戦略の下に以下の方針等を位置づけ、経営的視点による管理運営等の方向性を示すことなどにより、全学の意識改革を促す。

戦略・方針等

(1)国立大学法人新潟大学の将来展開に向けた機能強化基本戦略
(2)学長のリーダーシップに基づく資源配分改革方針
(3)教員の人的資源配分に関する改革方針
(4)設備の整備等に関する改革方針
(5)予算編成基本方針

【経営力強化に向けた実施方策2】 共通指針による統制

中期経営基本戦略において、以下の共通的な指針を定め、その実行を通して経営力強化の基盤を形成する。

指針

(1)本部機能強化等を通じた統制
司令塔機能発揮により「攻め」「守り」一体の経営力を強化する。
(2)外部資金等獲得による収入構造強化にかかる統制
「攻め」につながる経営基盤を構築する
(3)人件費総額キャップ設定による統制
「守り」の強化として、監事や学外者による財政健全性・持続可能性等のチェックを強化。構成員の認識共有を徹底する。

学長プロフィール

髙橋 姿(たかはし すがた)
昭和25年11月生

学歴

昭和51年3月 新潟大学医学部医学科卒業
平成3年10月 博士(医学)取得(新潟大学)

略歴

昭和57年1月 新潟大学医学部附属病院助手
昭和62年4月 新潟大学医学部附属病院講師
(専門分野)
耳鼻咽喉科・頭頸部外科学
平成7年1月 聖マリアンナ医科大学助教授
平成10年3月 新潟大学医学部教授
平成13年4月 新潟大学大学院医歯学総合研究科教授
新潟大学医学部教授併任
平成16年4月 新潟大学医歯学系教授
新潟大学医歯学総合病院長補佐(~22年3月)
平成18年4月 新潟大学医歯学総合病院医療安全管理部長(~19年5月)
平成22年2月 新潟大学医学部長(~26年1月)
新潟大学医歯学系長(~26年1月)
平成23年4月 新潟大学大学院医歯学総合研究科長(~24年1月、25年4月~26年1月)
平成26年2月 国立大学法人新潟大学長(現在に至る)
平成27年6月 国立大学協会副会長(~平成29年6月)
平成29年6月 国立大学協会理事(現在に至る)

本件に関するお問合せ先

新潟大学総務部総務課広報室
電話 025-262-7000
FAX 025-262-6539