このページの本文へ移動

歯学科の特色

理念・目標

理念

  1. 歯学専門領域における学理と技術を深く究めるとともに、医学・歯学の学際的知識を有し、全人的医療を行うことのできる有能かつ感性豊かな歯科医師を育成します。
  2. 歯科医学発展のために指導的な人材および地域歯科医療に貢献する専門職業人の育成に努めます。

目標

歯学科では、以下に示すような「個性輝く多様な人材の育成」を教育目標とします。

  1. 患者さんの痛みや苦しみを理解できる人間性豊かな人材
  2. 自ら問題を解決できる能力を持つ創造性豊かな人材
  3. 独創的な科学的視野を持つ人材
  4. 超高齢社会に対応できる素養を身につけた人材
  5. 地域医療の貢献・向上に努める人材
  6. 国際社会で活躍できる人材
歯学部 学科
歯学科 (6年課程)
口腔生命福祉学科 (4年課程)

教育の特色

c8hkde00000018db

1.学生個々人の教養の創出

大学教育、アイデンティティー、社会的ニーズ、高校と大学と社会との接続などについての理解をふまえ、大学での教養教育において何が学べるのか、何を学びたいのか、なぜ学ぶのかを学生自身に考えさせる授業科目「教養を考える」を開講し、学生個々人の教養を涵養することに努めています。それにともない、従来の「自然科学」「人文社会科学」などの科目区分による履修指定を廃し、授業選択の自由度を大幅に拡大しました。

2.入学後早期からの臨床実習の実施

入学直後の1年生から医療現場を体験する実習や病院における歯科治療の第一線にふれる「早期臨床実習」を実施し、学習に対するモチベーションの高揚をはかり、将来の歯科医師としての自覚を芽生えさせます。

3.専門教育に関する授業科目の体系化とアクティブラーニングの導入

従来からある分野単位の講義・実習に加え、分野の枠を越えた統合科目を新設しました。統合科目は授業コーディネーターが中心となって企画・立案され、分野協働で行われます。各分野での知識・技術を統合、活用するもので、問題発見解決型学習法(Problem-Based Learning)をはじめとしたアクティブラーニングの手法を用いています。

4.社会環境への対応

情報化・グローバル化に対応するため、コンピューターによる情報検索や情報倫理教育を取り入れています。また、国際社会に不可欠な語学力を養うため、初年次から4年次まで語学教育を拡大しました。

5.授業科目の一部選択制の導入

従来、すべて必修であった授業科目に、一部選択制を導入しました。このことにより、研究に興味のある学生は研究室配属による研究科目を、国際的な活動に興味のある学生は短期海外派遣実習を選ぶことができ、学生は意欲と興味にもとづいて多様な経験を積むことができます。

6.臨床患者実習の充実と歯科医師としての能力の担保

歯科医師として必要な基礎的臨床能力を育成するために、指導教員のもとで実際の歯科医療にたずさわる臨床患者実習を充実させています。学生が日々の実習で記載したポートフォリオでの指導と評価、また実習終了時には実際の患者診療を指導教員が評価し、歯科臨床能力の担保がなされます。なお、大学病院での実習に加え、地域医療の第一線で活躍している経験豊かな歯科医師のもとに出向き、指導を受けるプログラムも用意されています。

 

歯学部の研究目的・特徴

歯学部では、歯学を、口腔機能を中核に大きな広がりをもつ「口腔生命科学」として捉え、教育・研究・臨床を一体的に推進し、口腔科学・歯科口腔保健に関する研究に取り組んでいます。とくに、口腔の科学とは、「食べる」「飲み込む」「話す」「表情をつくる」などの「人間として生きていくために必要な機能の維持・回復にある」という認識のもと、研究を行っています。

研究の特徴として、(1)摂食嚥下機能とその障害に関する口腔形態・機能・治療法の研究では、形態学的、機能的アプローチの基礎的研究に加え、高齢者における口腔介護、リハビリテーションに関する基礎・臨床研究、また地場産業と連携した高齢者用・介護用食品の開発およびこれらを用いた社会連携研究があります。(2)口腔機能の維持・回復に向けた顎顔面・口腔の常態、病態および再建に関する研究では、硬組織、歯周組織再建、顎変形症、組織再生のための細胞生物学的基礎研究や臨床応用研究に加え、歯の移植にともなう先端的歯内療法の基礎・臨床研究があります。(3)先端歯科医療に結びつく探索型研究では、JSTの支援による口腔組織再生を目指した組織工学的研究、先端歯科材料に対する基礎・臨床研究があります。さらに、歯学部設立以来展開している地域・国際口腔保健プロモーション研究があります。これらの研究成果は国内外の学会で発表され、また国際英文誌に掲載されるとともに、ブックレット新潟大学を発行し、研究成果の公開、社会への還元が行われています。また、コア・ステーション「地域連携フードサイエンス・センター」「国際口腔保健教育研究センター」を設置し、学際的研究が行われています。