このページの本文へ移動

口腔生命福祉科の特色

理念・目標

理念

指導的専門職業人(歯科衛生士・社会福祉士)として、保健・医療・福祉に関する深い理解と専門的知識に基づき、これらを総合的に思考・展開できる人材を育成します。

目標

  1. オーラルヘルスプロモーション(口腔の健康増進)を理解し、展開できる人材の育成
  2. 患者さん・利用者の方が真に必要とする保健医療福祉を総合的に提供できる人材の育成
  3. 自ら課題を発見し、その解決に向けた自発的な生涯学習を行うことができる人材の育成
  4. 幅広い関係者とのチームワークに基づく効果的な業務を行うことができる人材の育成
歯学部 学科
歯学科 (6年課程)
口腔生命福祉学科 (4年課程)

dent_5

 

教育の特色

  1. 「食べる」、「話す」といった口腔機能に関する専門知識を持ち保健・医療・福祉を総合的に担える専門家を養成する日本で最初に開設された学科です。
  2. 歯科衛生士養成機関として日本で初めての4年制大学課程です。
  3. 卒業後は、歯科衛生士と社会福祉士の国家試験受験資格を併せて取得する教育カリキュラムです。
  4. 少人数グループによる問題発見解決型学習法(Problem-Based Learning;PBL)を全面的に導入しています。
  5. 分野・科目の枠にとらわれない統合的かつ効果的な教育カリキュラムを導入しています。
  6. 新潟大学医歯学総合病院や学外施設での臨床実習・現場実習を早期から各学年を通じて実施しています。

歯学部の研究目的・特徴

歯学部では、歯学を、口腔機能を中核に大きな広がりを持つ「口腔生命科学」として捉え、教育・研究・臨床を一体的に推進し、口腔科学・歯科口腔保健に関 する研究に取り組んでいます。特に、口腔の健康とは「食べる」、「飲み込む」、「話す」、「表情を作る」などの「人間として生きていくために必要な機能の 回復・維持にある」という認識のもと、研究を行っています。

研究の特徴として、(1)摂食嚥下機構とその障害に関する口腔形態・機能・治療法の研究では、形態学的、機能学的アプローチの基礎的研究に加え、高齢者 における口腔介護、リハビリテーションに関する基礎・臨床研究、また、地場産業と連携した高齢者用・介護用食品の開発およびこれを用いた社会連携研究があ ります。(2)口腔機能の維持・回復に向けた顎顔面・口腔の常態、病態及び再建に関する研究では、硬組織・歯周組織再建・顎変形症・組織再生のための細胞 生物学的基礎研究・臨床応用研究に加え、歯の移植に伴う先端的歯内療法の基礎・臨床研究があります。(3)先端歯科医療に結びつく探索型研究では、JST の支援による口腔組織再生を目指した組織工学的研究、先端歯科材料に対する基礎・臨床研究があります。さらに、歯学部設立以来展開している地域・国際口腔 保健プロモーション研究があります。これらの研究成果は国内外の学会で発表され、また国際英文誌に掲載されるとともに、ブックレット新潟大学を発行し、研 究成果の公開、社会への還元が行われています。また、コア・ステーション「地域連携フードサイエンス・センター」、「国際口腔保健教育研究センター」を設 置し、学際的研究が行われています。