このページの本文へ移動

産学連携への取り組み

燕三条医工連携コンソーシアム

新潟大学地域創生推進機構ビジネスプロデュース室は、2019年2月より「燕三条医工連携事業」を協同組合三条工業会、三条商工会議所、燕商工会議所と共同で開始しました。これは、世界ブランドである燕三条の企業の金属加工の技術を、医療現場の課題解決に適用し、企業側からすると医療関連機器の開発に挑戦する取り組みです。その取り組みを円滑に進めるため、2019年5月より「燕三条医工連携コンソーシアム」を8つの機関で発足しました。2019年8月に「学生向けデザインコンペ」を開催し、長岡造形大学、長岡技術科学大学、本学の学生から11のアイデアが集まりました。

燕三条医工連携デザインコンペティションを開催しました

新大産学交流フェスタ

新潟大学地域創生推進機構では、産金官学の更なる交流の促進のため、県内の企業・自治体・金融機関・他各種団体の皆さまと本学教員やコーディネーターが交流する「新大産学交流フェスタ」を開催します。
毎年、旬なテーマを決め、そのテーマに関連する講演会を開催するほか、新潟大学の研究活動や地域連携活動をご紹介するポスターセッション等を開催します。
このイベントは、新潟大学産学連携協力会に共催していただいております。

新大産学交流フェスタ(地域創生推進機構オリジナルサイトへ)

イノベーションジャパンへの出展

イノベーションジャパン(主催:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO))は、全国の大学やベンチャー・中小企業等が研究開発の成果を展示・発表する国内最大規模の産学マッチング・イベントです。
新潟大学は、産学連携によるオープンイノベーションの実現に向けて、第1回(2004年)から毎回連続して参加し、最新の研究成果を展示・発表しています。

イノベーションジャパン2019に出展しました