このページの本文へ移動

知的財産に関する取り扱い

新潟大学では、大学の研究成果を適切に保護し、産業界へ技術移転するため、知的財産の創成、取得及び管理活用に関する施策を推進しています。

知的財産管理・活用体制

地域創生推進機構知的財産部門

知的財産の創造、保護及び活用に関する施策を戦略的に推進し、並びに職員等への知的財産に関する知識の普及を図ることにより、知的財産を基軸とする新たな事業分野の開拓を促進し、もって社会への利益還元及び地域経済の活性化に資することを目的に、地域創生推進機構内に設置された部門です。

地域創生推進機構オリジナルサイト

発明審査委員会

知的財産の管理及び活用については、学長の諮問機関である発明審査委員会で審査しています。委員会は、職務発明の該否、特許を受ける権利の大学承継の適否、職務発明補償金の支払等を審査し、その結果を学長に答申します。

関係規程

国立大学法人新潟大学職務発明規程(PDF:93KB)
職務発明等に対する補償金支払要項(PDF:9KB)

研究開発成果有体物の取扱

研究開発の際に創作又は取得された学術的・財産的価値のある有体物に関する取扱いを定め、成果有体物の適正な管理に取り組んでいます。
研究開発成果としての有体物の取扱に関する規程(PDF:59KB)

研究室における秘密情報の管理

研究活動の成果から創出される権利等を保護するため、研究室における秘密情報の管理に関する取扱いを定め、秘密情報の適正な管理に取り組んでいます。
新潟大学の研究室における秘密情報の管理に関する規程(PDF:187KB)

利益相反マネジメント

教職員が産学官連携活動、社会貢献活動を行う際に発生する利益相反や責務相反の問題を適切にマネジメントするため、利益相反ポリシー、利益相反マネジメント規程等を整備し、組織的な体制のもと適正な管理を行っています。
特に、臨床研究、臨床試験については、研究または試験の対象が人間であることから、より厳格な利益相反マネジメントを行っています。
国立大学法人新潟大学利益相反マネジメント規程(PDF:68KB)