このページの本文へ移動

医歯学系附置 認定事業体

国際口腔保健教育研究センター こころの発達医学センター 脳の夢づくり連携センター
臓器連関研究センター 国際感染症教育研究センター 細胞のオートファジー研究センター

国際口腔保健教育研究センター

オリジナルサイトはこちら

事業代表者

所属:医歯学系
職名:教授
氏名:宮﨑 秀夫
電話:025-227-2856
E-mail:hideomiy@dent.niigata-u.ac.jp

事業の目的

WHO(世界保健機関)の協力センターとして,教育研究の国際化及びWHO研究協力センターネットワークを活用した多面的教育研究を遂行します。

  1. 口腔保健分野の教育,研究プロジェクトを推進し,基礎,疫学研究から応用研究へと展開し,最先端の口腔保健分野をリードする。
  2. 諸外国の大学や研究機関と連携して多面的教育研究ネットワークを構築し,口腔保健分野の国際的教育研究拠点を形成する。
  3. 若手研究者を海外に派遣し,また本学に招聘し,将来の口腔保健推進を担う人材の育成と活動を支援する。

事業内容

  1. 栄養、身体機能と口腔に関するWHO世界戦略の施行を支援する。
  2. WHO国際口腔保健情報システム(WHO Oral Health Country/ Area Profile Program)のデータ集積と管理を行う。
  3. 本学大学院生を研修生としてWHO本部(ジュネーブ)へ派遣する。
  4. 発展途上国留学生の国際口腔生命科学履修コースへの招聘、外国人研修生の受け入れを行う。
  5. 発展途上国へ本学教員を派遣し、国際口腔保健教育・セミナーを実施する。
  6. 発展途上国へ本学教員を派遣し、国際口腔保健調査・研究、口腔保健政策立案を支援する。

組織の概要

氏名 所属/職名等 専門分野 備考
宮﨑 秀夫 医歯学系(歯学部)/教授 国際口腔保健学 事業代表者
葭原 明弘 医歯学系(歯学部)/教授 地域口腔保健学
小川 祐司 医歯学系(歯学部)/准教授 予防歯科学
前田 健康 医歯学系(歯学部)/教授 口腔解剖学
齋藤 功 医歯学系(歯学部)/教授 歯科矯正学
大内 章嗣 医歯学系(歯学部)/教授 福祉学
有森 直子 医歯学系(医学部)/教授 看護学
佐藤 美寿々 医歯学系(歯学部)/助教 予防歯科学
三浦 宏子 国立保健医療科学院/統括研究官 口腔保健学
花田 信弘 鶴見大学歯学部/教授 口腔保健学
村山 伸子 新潟医療福祉大学/教授 健康栄養学

こころの発達医学センター

事業代表者

所属:医歯学系
職名:教授
氏名:染矢 俊幸
電話:025-227-2209
E-mail:psy@med.niigata-u.ac.jp

事業の目的

近年,こども虐待,いじめ・自殺問題,不登校,学級崩壊など,子どものこころに関する事例が社会問題となっている。また自閉症に代表される発達障害は,近年,映画やテレビでもさかんに取り上げられるなど,その社会的認知度が急速に高まってきており,子どものこころの発達の問題や発達障害に対する医学的対応の充実が強く求められている。しかしながら,現状では発達障害の原因や有効な治療法の解明はほとんどなされておらず,この研究領域の発展は強い社会的要請といえる。「こころの発達医学センター」では,こうした社会的ニーズを踏まえて,上記の問題に対応するために,ヒトが生まれ,一個人としての人格を形成していく道程,すなわち「こころ(精神)の発達」を,脳とこころの科学として解明し,さらに生物学的なエビデンスに基づいた包括的致傷・介入プログラムを開発するための取組を行います。

事業内容

センターを以下の4分野により構成し、各分野の協力・連携のもと、事業を推進します。

  1. 「臨床発達医学分野」
    周産期、幼児・学童期、思春期等の各年代における定型発達児・非定型発達児のサンプル収集を行い、研究を行うことで、ほぼ全年代の発達段階のサンプル、発 達に関するデータを収集する。また、長期フォローを目的とした疫学調査も同時に行う。さらに、以下の2~4の生物学的研究から得られた知見を元に、発達障 害に対する有効な治療プログラムを策定する。
  2. 「脳機能画像分野」
    脳形態や脳内生化学代謝に関するデータを蓄積し、さらにこころの発達に関する認知課題における脳機能の推移を調査する。
  3. 「分子遺伝学分野」
    遺伝的要因の関与が大きいと示唆されている発達障害である自閉症を対象に、精神科、小児科、および他施設の共同で収集された大規模なゲノムDNAサンプル群の解析を行い、疾患感受性遺伝子を明らかにする。
  4. 「分子神経生物学分野」
    蓄積された画像・遺伝子データを下に、生化学教室などの協力の下、発達障害動物モデルを作成し、推定される発達障害の神経基盤を検証する。また末梢血リンパ球中に発現する各種パラメーターのmRNAや神経栄養因子を測定し、脳画像研究で得られた所見との関連を解析する。

教育・育成に関しては、学生・研修医に対し、新潟こころの発達セミナーの開催を含め、講義などでこころの発達医学の正確な知識を伝えていく。現在当センターと協力体制にある機関において発達精神医学専門医が育成できる体制が整っており、今後、他大学出身者を含めて多くの研修医を受け入れ、専門医教育を推進していく。

組織の概要

氏名 所属/職名等 専門分野 備考
染矢 俊幸 医歯学系(医学部)/教授 精神医学分野 事業代表者
斎藤 昭彦 医歯学系(医学部)/教授 小児科学分野
五十嵐 道弘 医歯学系(医学部)/教授 分子細胞機能学分野
長谷川 功 医歯学系(医学部)/教授 統合生理学分野
田中 篤 医歯学系(医学部)/特任教授 小児科学分野
川嵜 圭祐 医歯学系(医学部)/准教授 統合生理学分野
野住 素広 医歯学系(医学部)/講師 分子細胞機能学分野
江川 純 大学院医歯学総合研究科/特任准教授 精神医学分野

脳の夢づくり連携センター

事業代表者

所属:医歯学系
職名:教授
氏名:長谷川 功
電話:025-227-2064
E-mail:isaohasegawa@med.niigata-u.ac.jp

事業の目的

認知,意思決定,思考など,ヒト高次機能の生物学的基盤を解明するためには,基礎神経科学・臨床医学・工学をはじめ他分野の学際的融合連携が不可欠である。逆に脳研究の成果は多くの関連領域の発展に貢献するものである。
当コア・ステーションは,視覚イメージ創造の大脳神経機構に焦点を絞り,関連研究領域の技術力を融合し成果を活用するためのプラットフォームを提供することにより,基礎神経科学と先端医療/工学技術の相補的な発展と研究成果の社会への還元を目指す。

事業内容

研究内容

近年、視覚イメージは物のカテゴリーごとに組織化されて大脳ネットワークに分散表現されている、という知見が蓄積されてきた。統合生理学分野をはじめとする本事業の構成員の一部は、平成20年度文部科学省「脳科学研究戦略推進プログラムBMIの開発課題B」(脳プロ)、武田科学財団特定研究助成[I]2008、学内プロジェクト平成20年度助成研究A等の複数年度助成を受けて、臨床で用いられる皮質脳波法を基礎神経科学の研究に導入し、広範囲の脳活動を高い時間解像度で同時記録する新しい実験開発の緒に就いた。これを拡張して、皮質脳波多点記録により脳が創りだすイメージのカテゴリーを安定的に複合化するげっ歯類・霊長類の動物モデルを確立し、同一の手法でヒトを対象とした臨床研究まで一貫して推進する。
今後は、先端的な手術ナビゲーションやサイバーナイフ等の医療技術も積極的に実験脳科学の分野に導入し、動物モデルによる研究を一層加速したい。逆に、脳活動をもとに解読して得た「何をイメージしているか」の情報を利用して、意思表示の困難な患者のコミュニケーション支援を行うための革新的BMIの開発も行う。

拠点形成の内容

世界最高レベルの競争力を養成するため、次の3段階の戦略をとる。

  1. 霊長類慢性実験の実績(例:Science1998;Nature1998;Neuron2004)と脳外科専門医の臨床経験をもつ事業代表者を中心に、新潟大学内に関連研究分野の緩やかな連携ネットワークの母体を形成する。
  2. 西新潟中央病院、県立工業技術総合研究所、にいがた産業創造機構、新潟TLO等と、地域密着型の産官学連携を進める。
  3. 日本の総力を結集した共同研究体制を築く。

本事業によって、特に1)学内の共同研究と人事交流の基盤を強化したい。2)地域密着型産学連携については、平成20年度NEDOエコイノベーション推進事業で新潟TLOと共同で特許調査と患者ニーズ調査を行い、本事業の研究シーズの優位性を確認し、新潟大学から特許出願することを決定した。 3)All JAPANの研究体制については、文部科学省「脳プロ」の他拠点群(ATR、東京大学、生理学研究所、理化学研究所)の、各分野で世界最高の技術力を持つ研究者集団と緊密な共同研究および人事交流を進める。

組織の概要

氏名 所属/職名等 専門分野 備考
長谷川 功 医歯学系(医学部)/教授 神経生理学・脳外科 事業代表者
木竜 徹 自然科学系(工学部)/教授 福祉人間工学
山村 健介 医歯学系(歯学部)/教授 口腔生理学
前田 義信 自然科学系(工学部)/教授 福祉人間工学
飯島 淳彦 医歯学系(医学部)/准教授 神経生理学・工学
川嵜 圭祐 医歯学系(医学部)/准教授 神経生理学
足立 雄哉 医歯学系(医学部)/助教 神経生理学
笹岡 俊邦 脳研究所付属生命科学リソース研究センター/教授 分子生物学

臓器連関研究センター

事業代表者

所属:医歯学系
職名:教授
氏名:遠藤 直人
E-mail:endless@med.niigata-u.ac.jp

事業の目的

高齢者における臓器障害で重要な因子である臓器連関について,新潟大学の特徴である脳研究所,腎研究施設の研究基盤と高齢者人口の多い過疎地での地域医療基盤を融合させ,基礎及び臨床面から臓器間ネットワークによる病態を解明する。

事業内容

文部科学省特別経費採択事業「寝たきりゼロを目指した多面的オミックス疫学研究」(平成22年度~平成26年度)を推進し、高齢者における臓器障害で重要な因子である臓器連関について、本学の特徴である脳研究所、腎研究施設の研究基盤と高齢者人口の多い過疎地での地域医療基盤を融合させ、基礎及び臨床面から臓器間ネットワークによる病態を解明する。

組織の概要

氏名 所属/職名等 専門分野 備考
遠藤 直人 医歯学系/教授 骨粗鬆症・股関節外科 事業代表者
横関 明男 大学院医歯学総合研究科臓器連関学寄附講座/特任准教授 神経内科学
若杉 三奈子 医歯学系/特任准教授 腎臓内科学・臨床疫学
西澤 智恵子 大学院医歯学総合研究科臓器連関学寄附講座/特任助手

国際感染症教育研究センター

事業代表者

所属:医歯学系
職名:教授
氏名:齋藤 玲子
E-mail:jasmine@med.niigata-u.ac.jp

事業の目的

  1. ミャンマーでの感染症サーベランス体制の充実
  2. インフルエンザウイルスを中心としたウイルス感染症の共同研究の推進
  3. 両国の感染症教育研究宇者の人材育成
  4. 本学教員派遣による国際感染症教育研究セミナー

事業内容

ミャンマーは半鎖国状態のため、これまでインフルエンザの実態については空白地帯であった。代表者らは2004年からミャンマー初のインフルエンザの疫 学研究を開始し、2007年から2009年まで科学技術振興調整費による「ミャンマーのインフルエンザ研究拠点形成」プロジェクトを推進し、現地の研究所と一体となって新型インフルエンザN1H1pdmや、高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1を検出した。また、ミャンマーは新しいインフルエンザウイルスが出現しやすい特異な地理的特性を持つことを明らかにした。さらに、外務省の支援のもとで、ヤンゴンの国立保健研究所にWHO(世界保健機構)インフルエンザセンターの設立に貢献した(2008年2月)。
これらの実績をもとに平成27年度(2015年)に、AMED感染症国際展開戦略プログラム(J-GRID)「ミャンマーにおける呼吸器感染症制御へのアプローチ」(研究代表者・齋藤玲子)が採択となった。新潟大学がNHL内に海外研究拠点を形成し、ミャンマー国内の医療機関との連携により、インフルエンザを始め、まだ実態が明らかとなっていない小児重症肺炎、結核の疫学調査を、今後5年にわたり実施する。そして、感染症伝播地図を作成しながら日本への輸入リスクをいち早く捕捉し、日本のワクチン株選択や新規ワクチン開発、抗菌薬開発に資する情報の提供を国立感染症研究所などに行う。今後の事業として、以下を実施する。

  1. ミャンマーでの感染症サーベイランス体制の充実
  2. インフルエンザウイルスを中心とした感染症の共同研究の推進
  3. 両国の感染症教育研究者の人材育成

組織の概要

氏名 所属/職名等 専門分野 備考
齋藤 玲子 医歯学系(医学部)/教授 公衆衛生学・国際保健 事業代表者
渡部 久実 医歯学系(医学部)/特任教授 熱帯感染症 プロジェクト雇用
齋藤 昭彦 医歯学系(医学部)/教授 小児科学
小田切 崇 医歯学系(医学部)/助教 国際保健学
菖蒲川由郷 医歯学系(医学部)/准教授 公衆衛生学・国際保健
内藤 眞 医歯学系(医学部)/名誉教授 病理学 プロジェクトアドバイザー
鈴木 宏 医歯学系(医学部)/名誉教授,新潟青陵大学/教授 公衆衛生学・国際保健 プロジェクトアドバイザー
田村 務 新潟県保健環境科学研究所/
調査室ウイルス科科長
Htay Htay Tin 国立保健研究所/所長
Latt Latt Kyaw 国立保健研究所/ウイルス部長
San Mya 国立保健研究所/細菌部長
Yi Yi Myint 保健省/伝統医学局長
Yandanar Kyaw ヤンゴン第二医科大学/教授,
サンピュア病院・呼吸器内科部長

細胞のオートファジー研究センター

事業代表者

所属: 医歯学系
職名: 教授
氏名: 小松 雅明
電話: 025-227-2077
E-mail:komatsu-ms@med.niigata-u.ac.jp

事業の目的

最近の研究から,オートファジーは細胞内のタンパク質やオルガネラを選択的に分解していることが明らかとなってきた。この選択性により,オートファジーは単に飢餓に応答したアミノ酸リサイクル機構というだけではなく,オルガネラの恒常性維持から感染症防御まで様々な生理機能を獲得している。こうした幅広い生理機能の理解は、医学的にも生物学的にも非常に重要であるが,未だに未解明な点が多く残されている。
本研究センターは,医学,生物学,情報科学といった学際的研究を展開し,オートファジーの研究基盤を確立するとともに,新潟から世界に先駆けた研究成果を発信することを目的としている。

事業内容

  1. 選択的オートファジーの分子機構と生理的意義の解明
  2. オートファジーによるミトコンドリアやペルオキシソームなど選択的オルガネラ分解の研究
  3. 酵母からマウスまで、オートファジーに関連した研究リソースの作製・収集によるオートファジー研究拠点としての活動
  4. オートファジーの基礎研究から臨床応用研究への展開
  5. オートファジー研究を通じた国内外の研究機関との連携

組織の概要

氏名 所属/職名等 専門分野 備考
小松 雅明 大学院医歯学総合研究科/教授 生化学・分子細胞生物学 事業代表者
神吉 智丈 大学院医歯学総合研究科/教授 細胞生物学
一村 義信 大学院医歯学総合研究科/准教授 生化学・分子生物学
奥田 修二郎 大学院医歯学総合研究科/准教授
(テニュアトラック)
バイオインフォマティクス
青木 洋 脳研究所/助教 脳外科学
山下 俊一 大学院医歯学総合研究科/助教 細胞生物学
蔭山 俊 大学院医歯学総合研究科/助教 細胞生物学
古川 健太郎 大学院医歯学総合研究科/助教 細胞生物学