このページの本文へ移動

科学研究費の応募資格に関する取り扱い

平成28年8月8日
学長裁定

新潟大学(以下「本学」という。)における科学研究費助成事業等の応募資格については,科学研究費助成事業等の公募要領,募集要項等に定めるもののほか,この取扱いに定めるところによる。

1.定義

この取扱いにおいて,「科学研究費助成事業等」とは,文部科学省及び独立行政法人日本学術振興会が所掌する科学研究費助成事業の研究種目のうち,「特別推進研究」,「新学術領域研究」,「基盤研究」,「挑戦的研究」,「若手研究」,「研究活動スタート支援」及び「特別研究促進費」並びに国・政府系機関が募集するその他の研究資金をいう。

2.応募資格

科学研究費助成事業等に応募することができる者(研究代表者及び研究分担者)は,次の各号を満たす者とする。

  1. 本学に,本学の研究活動を行うことを職務に含む者として,所属する者(研究活動そのものを主たる職務とすることを要しない。)であること。
  2.  本学の研究活動に実際に従事していること。(研究の補助のみに従事している場合は除く。)
  3.  科学研究費助成事業等が交付された場合に,その研究活動を本学の活動として行うこと。
  4.  次のいずれかに該当する者。
    1. 国立大学法人新潟大学職員就業規則(平成16年規則第20号)第4条第1項に規定する大学教育職員,教室系技術職員,医療系技術職員及び教務職員
    2. 国立大学法人新潟大学特任教員等就業規則(平成18年規則第2号)第2条第1項及び国立大学法人新潟大学短時間勤務特任教員等就業規則(平成18年規則第3号)第2条第1項に規定する特任教員
    3. 新潟大学寄附講座及び寄附研究部門に関する規程(平成16年規程第129号)第8条第2項に規定する寄附講座教員及び寄附研究部門教員
    4. 国立大学法人新潟大学非常勤医師就業規程(平成16年規程第94号)第2条第2項に規定する医員,レジデント,臨床研修医及び臨床研修歯科医
    5. 新潟大学における科学研究費補助金等により雇用する非常勤職員に関する取扱要項(平成16年4月1日学長裁定)第3に規定する科研費研究員,科研費技術者,イノベーション事業費研究員,イノベーション事業費技術者,厚生科研費研究員,厚生科研費技術者,COE研究員,COE技術者,若手海外派遣事業費研究員,若手海外派遣事業費技術者,先端助成基金研究員及び先端助成基金技術者並びに新潟大学における科学研究費補助金等により雇用する非常勤職員に関する取扱要項の一部を改正する要項(平成22年3月31日学長裁定)附則第2項に規定する教育研究高度化研究員,教育研究高度化技術者,科学技術振興研究員及び科学技術振興技術者
    6. 新潟大学における共同研究等に従事する非常勤職員に関する取扱要項(平成16年4月1日学長裁定)第3に規定する科学技術振興研究員,科学技術振興技術者,産学官連携研究員及び産学官連携技術者
    7. 新潟大学研究推進機構超域学術院における特別研究員に関する取扱要項(平成16年4月1日学長裁定)第2に規定する特別研究員
    8. 新潟大学研究機関研究員取扱要項(平成16年4月1日学長裁定)第3に規定する研究機関研究員
    9. 新潟大学における機能強化経費により雇用する非常勤職員に関する取扱要項(平成17年3月30日学長裁定)第3に規定する特定研究支援者
    10. 国立大学法人新潟大学特任研究員制度実施要項(平成17年11月25日学長裁定)第3に規定する特任研究員
    11. 新潟大学脳研究所における特別研究員に関する取扱要項(平成22年4月1日学長裁定)第2に規定する特別研究員
    12. その他学長又は部局長(各学系長,医歯学総合病院長,各附置研究所長,各機構長,各本部長及び機構又は本部に置く各組織の長)が特に認める者

3.申請

2の応募資格第4号1.で規定する教室系技術職員,医療系技術職員及び教務職員並びに4.から12.までに規定する者は,科学研究費助成事業等の応募に際し,あらかじめ別紙様式1の科学研究費助成事業等応募資格確認申請書を,学長又は部局長に提出し,2の応募要件を満たしていることの確認を受けなければならない。

4.発明等の取扱い

科学研究費助成事業等に応募し,科学研究費助成事業等の交付を受けて行った研究により生じた発明等に係る取扱いについては,国立大学法人新潟大学職務発明規程(平成16年規程第125号)によるものとする。

5.その他

  1.  この取扱いによるもののほか,科学研究費助成事業等の応募資格に関し必要な事項は別に定める
  2.  この取扱いの実施日前に,科学研究費助成事業等の研究者番号の交付など既に本学において応募資格がある者にあっては,3の申請は要しないものとする。

別紙様式