このページの本文へ移動

対象者と来日後の手続き

外国人研究者とは

新潟大学では、来学する外国人研究者を以下のように分類しています。

分類 新潟大学との雇用関係 備考(例)
1 常勤の教員 新潟大学の教授、准教授、講師、助教、助手
2 非常勤の研究員 研究支援者(科研費研究員)、
VBL研究機関研究員、
科学技術振興研究員、
産学官連携研究員等
3 非常勤講師 語学その他の非常勤講師
4 新潟大学外国人受託研修員 JICA事業に基づくもの
5 新潟大学中国政府派遣研究員 JISTEC事業に基づくもの
6 新潟大学外国人客員研究員 上記以外の研究者。
交流協定やJSPS事業等に基づくもの

来日後の手続き

在留管理制度(居住地の届出)

日本に3ヵ月を超えて在留する外国人には、「在留カード」が交付されます。

新規渡日の場合

届出期間居住地を定めた後、14日以内に居住地を各区役所に届け出なければなりません。必要なものパスポート、在留カード(交付済みの場合)届出場所新潟市の各区役所

※西区役所への行き方はこちらをご覧ください。

国民健康保険

国民健康保険制度は、加入者が病気やケガをした時に、医療費の一部が、また、出産や死亡したときに、出産育児一時金や葬祭費が支給される制度です。新潟市に居住届出をしている人で、日本に1年以上滞在する場合は、国民健康保険に加入することになっています。

新規登録の場合

申請手続き居住地の届け出とあわせて、同じ区役所で行うことができます。

新潟大学外国人客員研究員証(IDカード)

新潟大学に来られる外国人研究者のうち、身分が「新潟大学外国人客員研究員」の場合は、「新潟大学外国人客員研究員証」(IDカード)の発行を受けることができます。写真(縦3.5cm以内×横2.5cm以内)1枚を所属部局の庶務担当係経由で国際課へお送りください。