このページの本文へ移動

待望の新設!旭町の課外活動施設

2016年06月30日 木曜日 新大特派員

多くの学生の声に応え、新潟大学旭町キャンパスに、課外活動施設がオープンしました。旭町キャンパスには、今まで運動スペースが十分になく、古くからあったものも平成25年度に取り壊されていました。「運動できる場所がほしい」という学生の声と、一部”大学基金”からの寄付が活用し建てられたこの課外活動施設は、学生にとって待望のものでした。

旭町キャンパス課外活動施設の外観

施設が完成したのは、平成28年2月29日。4月7日に公式なセレモニーが行われ、それに伴って学生が使用できるようになりました。課外活動施設は約1700㎡の3階建て。1階にはサークル室とミーティングルーム、2階にはアリーナとトレーニング室、3階には武道場と剣道・柔道・空手の各部室が用意されています。その他にも、シャワー室や更衣室など快適に使うための施設が充実しています。広々とした空間は、太陽の光が入るよう工夫され、明るい雰囲気の建物になっています。学生からの意見を取り入れ、自分の動きをみることができるよう、アリーナと武道場には鏡が設置されました。また、アリーナと武道場は同じ広さになっていますが、鏡の数や床質など用途に合わせた細かな工夫が盛り込まれています。

旭町キャンパス課外活動施設の中の様子① 旭町キャンパス課外活動施設の中の様子②

この施設は、学生の声を取り入れるため、旭町の各サークルの学生による検討委員会が立ち上げられました。そのため、多くの学生目線の意見が盛り込まれています。トレーニング室の器具は同窓会から寄付されましたが、その器具も学生が主体となって、必要としているものを選んでいます。「環境が整うと練習がしやすい」と検討委員会の皆さんの喜びの声も聞くことができました。
設計等にかかわった施設管理部の職員山内さんは、「工期の調整など大変なことも多かったですが、よくできたと思います。使っていただけるみなさんが喜んでくれれば嬉しいです。学生の皆さんにとって、今後の肥やしとなると思いますので、多くの方に使っていただきたいです。そして、使ってよかったところや要望をお聞きして、さらに良くしていきたいと思います。」と、意欲的なコメントを聞かせてくれました。
施設は、旭町キャンパスの学生だけでなく、五十嵐キャンパスの学生も使用することができます。これを機に、新潟大学全体のスポーツが盛り上がっていってほしいと思います。旭町の学生も五十嵐の学生もどんどん活用していきましょう!

教育学部4年 神田 莉奈