このページの本文へ移動

新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した学生に対する経済的支援について(2020年8月6日更新)

2020年08月06日 木曜日 新型ウイルス感染症対策関係

新潟大学では、このたびの新型コロナウイルス感染症の影響により、家計が急変した学生に対して、以下のような支援を行っています。
支援の実施に関する情報は、学務情報システムの連絡通知やメール等により、随時お知らせしますので、各自で確認してください。

1 新型コロナ対策緊急学生サポートパッケージ

「新型コロナ対策緊急学生サポートパッケージ」は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生に対する、経済支援を含む本学独自の新たな学生支援です。サポートパッケージの詳細はこちらからご確認ください。
また、サポートパッケージ対応のため、「新型コロナ対策緊急学生サポート窓口」を以下のとおり設置しました。新型コロナの影響で修学上や経済的に困っている方は、何でも気軽にご相談ください。
期間:2020年5月25日~2021年3月31日(土・日・祝日は除きます)
時間:9:00~17:00
電話:025-262-6094
E-mail:peersupport@ge.niigata-u.ac.jp

2 新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した世帯の学生に対する令和2年度前期分授業料免除の実施について(2020年7月16日更新)

新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した世帯の学生に対する令和2年度前期分授業料免除の実施について、授業料免除及び徴収猶予制度のページを更新しましたのでご確認ください。

3 日本学生支援機構等による経済支援制度

上記のサポートパッケージ以外にも、日本学生支援機構(JASSO)等による、新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した学生への支援が行われています。
これらの申請は、本学で取りまとめて行いますので、該当する学生は、以下の支援内容を確認のうえ、学生支援課までご相談ください。

1 日本学生支援機構給付奨学金(家計急変採用):高等教育の修学支援新制度

対象:学部学生
主な支援内容:世帯の所得区分等に応じた奨学金を給付及び授業料免除
詳しくは日本学生支援機構の「新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援」のページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の影響により、家計が急変したため(生計維持者(原則として父・母)の死亡、事故または病気による半年以上の就労困難、失職、大幅な収入減少)、日本学生支援機構給付奨学金の申請を希望する学生は、以下の手続きに従って、奨学支援係まで速やかにご連絡ください。
なお、新型コロナウイルス感染症に依らない事由での家計急変でも受け付けています。ただし、その場合、生計維持者の収入減少(失職後の再就職による収入減含む)は、本奨学金申請の対象となりません。
詳細は日本学生支援機構ホームページをご覧ください。

【手続きについて】

  1. 家計急変後の年間見込み収入に基づき、日本学生支援機構「進学資金シミュレーター」の「給付奨学金シミュレーション(保護者の方向け)」を入力し、給付奨学金受給の対象となるか確認してください。
    (家計急変の事由が収入減少の場合、家計急変後の年収(所得)の見込み(1カ月分を12倍したもの)を入力し、社会保険料等については「収入等から算出する」を選択してください)
  2. 「給付奨学金シミュレーション(保護者の方向け)」の結果、給付奨学金受給の対象となることを確認後、『家計急変の事由』、『誰がいつから家計急変したか』をメールにて奨学支援係まで連絡し、給付奨学金申請希望の旨を伝えてください。

日本学生支援機構「進学資金シミュレーター」

2 日本学生支援機構貸与奨学金(緊急採用、応急採用)

対象:学部学生、大学院生及び養護教諭特別別科生
主な支援内容:緊急採用は第一種奨学金、応急採用は第二種奨学金と同じ支給内容
詳しくは日本学生支援機構の「緊急採用・応急採用」のページをご覧ください。

3 「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』(2020年7月8日更新)

対象:本学学生(特別聴講学生等を含む。)
主な支援内容:家庭から自立してアルバイト収入により学費等を賄っている学生等で、今回の新型コロナウイルス感染症拡大の影響で当該アルバイト収入が大幅減少等することにより、大学等での修学の継続が困難になっている者に対し、10万円または20万円の給付を行います。
その他:本学が窓口となり、対象者を日本学生支援機構に推薦します。
※1次推薦の申請受付は6月10日で終了しました。
2次推薦の申請を以下のとおり受け付けます。
※申請受付は7月21日で終了しました。

  • 支給対象者:本学学生(特別聴講学生等を含む。)ただし、1次推薦の際に申請を行い、給付を受けた者を除きます。
  • 支給金額
    1. 住民税非課税世帯の学生 20万円
      ※高等教育の修学支援新制度の第Ⅰ区分の受給者以外の者は、支給要件を満たすことを証明する書類として「生計維持者(学資負担者)の住民税非課税証明書」が必要となります。
    2. 上記以外の学生 10万円
  • 必要書類(LINEで申請する場合、書類の郵送は不要です。)
    1. 【様式1】学生支援緊急給付金申請書
    2. 【様式2】学生支援緊急給付金を受けるための要件に係る誓約書
    3. 支給要件を満たすことを証明する書類(「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』申請の手引き(PDF:275KB)やLINEの申請フォームで(任意)となっているものも可能な限り提出してください。)
  • 申請期限:2020年7月21日(火)17時【必着】
  • 申請書類の提出方法及び留意事項:詳細は支給対象者の要件、申請方法、留意事項の詳細について(PDF:17KB)を確認してください。
  • 追加支給:1次推薦において、本学から給付額10万円として推薦した学生に対する追加支給に関する詳細については、学務情報システムの連絡通知により該当者あてにお知らせしたものを確認してください。
  • 問い合わせ先
    新型コロナ対策緊急学生サポート窓口(学務部学生支援課内)
    電話:025-262-6094
    E-mail:peersupport@ge.niigata-u.ac.jp

4 日本学生支援機構緊急特別無利子貸与型奨学金

新型コロナウイルス感染症の拡大による影響で、学生本人のアルバイト収入等が大幅に減少し、修学継続が困難となった学生を対象に、緊急的に一定期間、特別の貸与を行う「緊急特別無利子貸与型奨学金」奨学生の募集を実施します。
詳しくはリーフレットをご覧ください。
※本奨学金の募集受付は、6月19日で終了しました。

4 従来の経済支援制度

新型コロナウイルス感染症の影響による経済支援のほか、本学が従来から行っている経済支援制度全般については、「経済支援制度」のページをご確認ください。

5 その他

その他、総務省、厚生労働省等による以下のような支援も実施されていますので、支援内容等について、本学による支援と併せて各自で確認してください。

(1)特別定額給付金(総務省)
詳しくは総務省の「特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)」のページをご覧ください。
※本件の詳細については、総務省に直接お問い合わせください。

(2)緊急小口資金等の特例貸付の拡大(厚生労働省)
詳しくは厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた生活福祉資金貸付制度における緊急小口資金等の特例貸付の拡大について」の資料をご覧ください。
※本件の詳細については、厚生労働省に直接お問い合わせください。

(3)雇用調整助成金の特例措置(厚生労働省)
詳しくは厚生労働省の「雇用調整助成金」のページをご覧ください。
※本件の詳細については、厚生労働省に直接お問い合わせください。

(4)新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金(厚生労働省)(2020年8月6日更新)
詳しくは厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」のページをご覧ください。
※本件の詳細については、厚生労働省に直接お問い合わせください。

お問い合わせ先

学務部学生支援課奨学支援係
電話 025-262-7337、6089
E-mail shougaku@adm.niigata-u.ac.jp

学生向け重要なお知らせ【新型コロナウイルス感染症対策関係】ページへ