このページの本文へ移動

未登録の国際規制物資(硝酸ウラニル)の発見について

2019年05月31日 金曜日 お知らせ

平成31年4月19日(金)本学環境安全推進室において,工学部から搬出された廃棄薬品の中から、未登録の国際規制物資(硝酸ウラニル)が発見されたため、4月23日(火)原子力規制庁に報告しました。これを受け、即時工学部内にて一斉メールで点検依頼したところ、同様の物資が発見されました。
当該物資について、既に許可されている保管庫に移動しており、外部への放射線漏洩はありません。
本来法令等に基づき、厳重に管理すべきところでありますが、未登録の国際規制物資が発見されたことにつきまして、深くお詫び申し上げます。
本学では、この度の事態を重く受け止め、適正な管理を徹底し、今後このようなことがないように再発防止に最善を尽くしてまいります。

1.発見場所
新潟県新潟市西区五十嵐2の町8050 新潟大学工学部

2.発見された物質
4月19日の発見:
硝酸ウラニル
数量、個数:化合物数量370g,ウラン数量: 176g,1個

4月24日の発見:
硝酸ウラニル
数量、個数: 化合物数量11.7g,ウラン数量: 5.54g,1個

3.発見された経緯
本学で薬品廃棄のため点検を行っていたところ、本学工学部で出された廃棄薬品に混ざっているものを発見しました。

4.放射線による影響
当該薬品容器(4月19日発見物)から1m離れた位置での計測では0.12マイクロシーベルト/アワー,別薬品容器(4月24日発見物)から1m離れた位置での計測では0.09マイクロシーベルト/アワーであった。これは健康に影響を与えるレベルではなく、人体への放射線影響はないと考えられます。

5.今後の対応
4月23日(火)に原子力規制庁へ報告したのち、5月10日(金)に今後の対応等について連絡を行いました。
現在、6月17日を期限とし、学内で順次一斉点検を行っています。
また、教職員等へ国際規制物資の適正な管理について、周知徹底を図ります。

本件に関するお問合わせ先

研究企画推進部 研究推進課
TEL:025-262-7423