このページの本文へ移動

平成29年度冬期省エネポスターコンテスト

平成29年度冬期省エネポスターコンテスト(協賛:新潟大学生活協同組合)

新潟大学の省エネを推進するために学生省エネ推進チーム(NUS・SEPT)※が発案した企画を基に、施設管理部と協働で実施しました。

※学生省エネ推進チーム「NUS・SEPT(エヌユーエス・セプト)」とは,Niigata University Student・Saving of Energy Promotion Teamの頭文字をとった略称であり,学生の力によって新潟大学の省エネを推進するチームの呼称。平成29年8月に応募のあった学生で結成。

概 要

  • 平成29年度冬期省エネポスターを、学内の学生・教職員等から募集し、コンテストを実施。
  • 応募作品は、学生省エネ推進チーム(NUS・SEPT)及び施設管理部による確認を行った後、全作品を冬期省エネポスターとして大学構内にて使用
  • 応募作品について、コンセプトやアイディア、デザイン性、内容のわかりやすさ、ユーモア等の観点から広く学内の学生・教職員等に投票を実施し、結果に応じてグランプリ等の賞を授与。

【応募作品紹介】

こちらからご覧ください。(学内専用)

施設管理部の作品 ※コンテスト対象外

【投票結果】

※投票は1人1回、3作品まで

<学生の部>

  • 投票者数:74人(五十嵐キャンパス52人、旭町キャンパス22人)
  • 総票数:205票
1位 「みんなでせつでん」 39票
「電気代のこと、気にしてみよう」 39票
2位 「着込もう、服を」 38票

<教職員の部>

  • 投票者数:76人
  • 総票数:206票
1位 「みんなでせつでん」 45票
2位 「着込もう、服を」 39票
3位 「冬こそ、省エネ」 38票

<総合結果>

  • 投票者数:150人
  • 総票数:411票
【グランプリ】 獲得票数:84票(学生:39票、教職員:45票)
貼り付けデータ(大塚)

作成:写真部

(農学部 2年 大塚 生)

【コンセプト】

学内で冬場によく使用する暖房器具といえばエアコン。寒い冬に教室を暖めてくれるおかげで、講義に集中することができます。しかし、温度を高く設定しすぎて教室内が必要以上に暖かくなっていることもしばしばあります。そんな時に、エアコンの温度を適切に設定することで快適に講義を受けることができ、省エネ・節電にもつながります。また環境省は、地球温暖化対策のため、暖房時の室温を20℃で過ごすライフスタイルを提唱しています。このポスターでは、そのイメージが伝わりやすいような写真を使用しました。さらには、一人ひとりが省エネ・節電を少しでも意識することで大きな結果につながるという思いを込めて、「みんなでせつでん」というキャッチコピーを大きく配置しました。

【アピールポイント】

エアコンの温度を適切に設定しようということが伝わるような、わかりやすい写真を使用しました。また、一人ひとりの小さな意識が大きな結果につながるという思いを込めて、「みんなでせつでん」というキャッチコピーを大きく配置しました。

【副賞】

学食利用券2,000円分(提供:新潟大学生活協同組合) を進呈

【準グランプリ】 獲得票数:77票(学生:38票、教職員39票)
貼り付けデータ(伍嶋)

作成:写真部

(農学部 2年 伍嶋 日向子)

【コンセプト】

寒い季節なのでついつい暖房に頼ってしまいがちになり、講義室でも皆が過ごしやすいように高めの温度に設定されているように感じます。私たちが着込むようにすることで、なるべく暖房に頼らないで暖かく過ごせるのではないかと考え、このようなポスターに仕上げました。

【アピールポイント】

かわいいスズメの写真を使い、スズメが喋っているかのようにしたのがポイントです。また、私たちがもたない羽毛を暖かいとすることで、すこし面白おかしくしてみました。

【副賞】

学食利用券1,000円分(提供:新潟大学生活協同組合) を進呈

【特別賞】

【施設管理部長賞】 
貼り付け用データ(キム)

作成:留学生 1年 キム ハヌル

【コンセプト】

’メリーウィンタ’というタイトル。冬を考えてみるとやはりクリスマスが思い出される。だから、クリスマスツリーをコンセプトにして、生活の中で冬に節約できる方法を、ツリー飾りを通じて表現してみた。

【アピールポイント】

冬のイメージをクリスマスに表現したこと。簡単なアイコンで表現してわかりやすく説明したこと。留学生として、日本の省エネ方法を身につけるように作ってみたこと。

【コメント】

 クリスマスツリーを用いていることで「冬の省エネ」であることが伝わってくるデザインです。さらにそこに具体的な省エネ方法で飾り付けをすることで、省エネをとても身近なものであると感じることができ、コンセプトにある「生活の中で冬に節約できる方法」が皆によく伝わる作品でした。省エネ方法も端的で大変わかりやすく、身近ですぐ実践できるものにまとめられていたことも効果的だったのではないでしょうか。頑張って調べられたのではないかなと推察します。また、QRコードを用いて「省エネマニュアル」へ誘導するアイディアも大変良いです。作成者の皆に伝えたい想いがよく表現されています。

【副賞】

Quoカード5,000円分(提供:施設管理部) を進呈

【参加賞】

どれも素晴らしい作品で、僅差でした!

貼り付けデータ(高橋)

作成:工学部 3年 高橋 伸

貼り付けデータ(田中)

作成:教育学部 1年 田中 璃那

貼り付けデータ(土田)

作成:人文学部 2年

貼り付けデータ(木村)

作成:人文学部 1年 木村 真菜

学食利用券500円分(提供:新潟大学生活協同組合) を進呈

たくさんの応募と投票、ありがとうございました!!
ぜひ学内でポスターを探してみてください!!

【参考】

新潟大学省エネルギーマニュアル2017

省エネの参考となる、具体的な内容が書いてあります。

新潟大学省エネルギーマニュアル2017(661KB)

過去のポスター

こちらから