このページの本文へ移動

印刷物調達関係様式

本学では、「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」(グリーン購入法)及び「環境物品等の調達の推進に関する基本方針(※1)」に基づき、環境物品の調達を行っています。
印刷物については以下のとおり、リサイクル対応型印刷物(※2)の調達を実施しています。

印刷物(冊子、チラシ、ポスター、各種報告書など紙製のもの)の調達要件

  1. 紙へのリサイクルにおいて阻害要因となる材料(※3)が使用されていないこと
    (ただし、印刷物の用途・目的から使用する場合は、使用部位、廃棄方法を記載すること)
  2. 印刷物へリサイクル適性を表示すること

リサイクル適正とは

使用資材に応じて、その印刷物が何にリサイクルできるかを、印刷物自体に表記するものです。

Aランクの材料のみ使用 「印刷用の紙にリサイクルできます」
AまたはBランクの材料のみ使用 「板紙にリサイクルできます」
CまたはDランクの材料を使用 「リサイクルに適さない資材を使用しています」

リサイクル適性の表示例

c8hkde000000j37y

印刷物を製作いただく企業の方へ

詳細については「印刷物へのリサイクル適性の表示について」をご覧ください。

また、印刷物の製作にあたっては、「資材確認票」「印刷工程チェックリスト」を本学の発注者へご提出ください。

学内教職員へ

備考

※1

グリーン購入法第6条に基づき、国及び独立行政法人等が環境物品等の調達を総合的かつ計画的に推進するため定められているもので、特に重点的に調達を推進する「特定調達品目」及びその判断基準等について規定しています。最新版は環境省の『グリーン購入法.net』http://www.env.go.jp/policy/hozen/green/g-law/kihonhoushin.htmlに掲載されています。

※2

リサイクルを阻害しない資材だけを使った、まるごとリサイクルできる印刷物のことです。

※3

表1「古紙リサイクル適性ランクリスト」(PDF:93KB)のB、C、Dランクに該当する資材のことです。