このページの本文へ移動

施設管理部ページ

施設管理関係情報(学内専用)

工事入札関係情報

環境・省エネ関係

キャンパスマスタープラン

工事完成情報

平成27年度

(旭町)課外活動施設 【新営】

kagaikatudoushisetsu 工事名:(旭町)課外活動施設新営工事
リーフレット(両面印刷・三つ折り)
【担当者からのひと言】
学生が安全にいきいきと活動できるように配慮しました。2階のアリーナは使用用途から膝に負担をかけないよう、床の素材を弾力性のあるものにしています。環境面では、明るく開放的な空間をテーマに窓の多い設計とし、光を十分に取り入れられるようにしています。学生の希望に応え、壁面に鏡を多く設置したことも特徴のひとつです。自身にとっても初めて担当した新営工事でしたので、思い入れも強いですが、これから学生にどんどん利用していただき、満足していただければとてもうれしいです!

(五十嵐)トレーニング施設 【新営】

tore-ningushisetsu 工事名:(五十嵐)トレーニング施設新営その他工事
【コンセプト】
本施設は、体育館に併設されているトレーニング室が利用者の需要に対して充分な広さを確保できていなかったことから、体育館に隣接した位置に新たに整備することとなりました。施設内にはトレーニングルームの他、更衣室やトイレを併設しており、利用者の利便性に配慮しています。また、トレーニング機材は新潟大学全学同窓会からの寄付金で設置しており、怪我の防止や受傷後のリハビリを目的とする学生向けの筋力トレーニングが可能となりました。

ドクターヘリ格納庫 【新営】

dokuherikakunouko 工事名:ドクターヘリ格納庫新営工事
リーフレット
【コンセプト】
新潟大学医歯学総合病院は新潟県で運行されているドクターヘリの基地病院ですが、病院の屋上にヘリポートがある為、強風による荒天の割合が増す冬季は出動率が低下し、運行体制に問題があありました。そこで、北陸地方整備局所有の地上ヘリポートを活用し、荒天時の運行体制の充実を図るべく、ヘリコプターの格納庫とスタッフの待機スペース、3日程度の燃料を保管できる油脂庫を併設した施設をヘリポートに隣接した位置に整備しました。また、ヘリポートには融雪設備を設置することで寒冷期の有用性を高めました。

(旭町)歯学系E棟等改修

kanseijyouhou_shigakubuetou 工事名:(旭町)歯学系E棟等改修その他工事
リーフレット
【コンセプト】
本施設は、スペースの有効利用の観点から、室内への制約を与えない外付耐震補強工法を採用した他、余剰となった電気室を居室へ転換することで、教育研究の為のスペースを拡充させました。また、屋根及び外壁の断熱化による冷暖房効率の向上や、人感センサー内蔵型照明の採用による自動点滅とすることで、電力消費の削減を図りました。

(五十嵐)工学系C棟等改修

kanseisjyouhou_kougakuctou 工事名:(五十嵐)工学系C棟等改修その他工事
リーフレット
【コンセプト】
工学部全体をⅤ期に分割して整備を行ううち,本工事はⅢ期目に該当します。本施設は経年34年を超え、老朽設備による事故やエネルギーの非効率化が問題となっていた為、機能改善と省エネ化を図るため工事を行いました。C棟、C2棟については外付耐震補強工法による耐震改修も併せて実施しました。また、教育研究活動の効率化を目的としたスペースの再配置を行い、各分野を棟毎・フロア毎に集約すると共に、スペースの有効利用を目的とし、利用者を限定しない共用室を設けました。

(旭町)遺伝子実験施設空調設備改修

kanseijyouhou_idenshikuutyou 工事名:(旭町)遺伝子実験施設空調設備改修工事
【概要】
遺伝子実験施設の空調設備は設置後22年が経過し、経年劣化による腐食や故障が頻発していました。当施設は実験施設であるため、急な故障で冷暖房が機能しないと利用者及び建物管理者に不便を生じさせることとなります。更新計画は中間期を利用した居ながら改修をⅡ期に分けて計画し、本工事はⅡ期工事目で機器更新が完了しました。工事の際は部屋の用途に合わせた空調グループを再設定し、空調設備の室外機・室内機を撤去・新設する工事を行いました。

(旭町)医歯学総合病院西病棟等空調設備改修

kanseijyouhou_nishibyoutoukuutyou 工事名:(旭町)医歯学総合病院西病棟等空調設備改修工事
【概要】
医歯学総合病院の空調設備は設置後15年が経過し、室外機が経年劣化による腐食が著しく故障が頻発していました。病棟食堂用空調機の改修は、工期の短縮及び工事費用の縮減に配慮し,既存配管を再利用する方法で空調設備の室外機・室内機の改修工事を行いました。厨房用冷蔵設備の工事については、改修前はバックアップ機器が無かったので、今回の改修工事では、冷蔵・冷凍庫には室内ユニットを2台設置し機器トラブル時でもバックアップ機により冷蔵・冷凍設備を使用できるものとしました。また、医療情報機器の静電気対策のため西病棟、西診療棟の医療情報サーバー機器用に加湿器の設置工事を行いました。

(五十嵐)第一食堂等空調設備改修

kanseijyouhou_daiitisyokudoukuutyou 工事名:(五十嵐)第一食堂等空調設備改修工事
【概要】
第一食堂及び松風会館の空調設備は,設置後21年が経過し、経年劣化による腐食や故障が頻発していました。いずれの施設も学生及び職員の利用頻度が高く、冷暖房設備の不具合により利用者へ与える影響が大きい為、工期の短縮及び工事費の縮減に配慮し、既存配管を再利用する方法で空調設備の室外機・室内機の改修を行いました。

(旭町)医歯学総合病院西病棟無停電電源設備等更新

kanseijyouhou_byouinups 工事名:(旭町)医歯学総合病院西病棟無停電電源設備等更新工事
【概要】
本設備は、医歯学総合病院西病棟の最重要負荷(NICUや重症室等)のための無停電電源設備であり、設置から15年が経過していることから、設備の信頼性向上を図るため更新を行うこととしました。又、直流電源設備の蓄電池についても、停電時の非常照明用としているため無停電電源設備と同様に設備の信頼性向上を図るため更新を行うこととしました。

(旭町)医歯学総合病院西病棟減圧弁装置増設

kanseijyouhou_genatuben 工事名:(旭町)医歯学総合病院西病棟減圧弁装置増設工事
【概要】
医歯学総合病院の西病棟が完成して15年が経過し、設置されている蒸気用減圧弁の修理部品の確保が困難な状況となり、減圧弁が故障すると蒸気圧力制御ができず、主に厨房(蒸気調理器具)及び空調温水熱源への供給ができなくなるため、バックアップ装置としての減圧弁装置を増設しました。

(旭町)医歯学総合病院基幹整備(中央監視設備)

kanseijyouhou_tyuuoukannshi 工事名:(旭町)医歯学総合病院基幹整備(中央監視設備)工事
【概要】
本設備は、旭町地区特高受変電設備及び医歯学総合病院他の受変電設備や自家発電設備等の監視・制御装置であり、医歯学総合病院他電気設備の重要な設備の一つとなっています。毎年定期点検は実施しているが前回更新から15年が経過しており、保守部品の不足や点検による指摘事項もあり、設備の信頼性向上を図るため更新を行うこととしました。

五十嵐キャンパス

学生広場フジ棚及びベンチ

201109_fujidana_01

201109_fujidana_02 201109_fujidana_03
201109_fujidana_04 201109_fujidana_05
工期 平成23年8月着工平成23年9月完成
構造・階 鉄骨
工事規模 フジ棚:5m×5m×3m 3か所
ベンチ:シングル 1か所
:ダブル 3か所
施工業者 伊藤建設㈱
概要 一時的に鋼管で補強していた木製のフジ棚を撤去し、新たに鉄骨造のフジ棚を設置した。
併せて老朽化したサークルベンチを、屋根及びテーブル付きのあずま屋風のベンチに更新し、明るくオープンな空間に整備した。

六花寮

201103_rikkaryo01

201103_rikkaryo02 201103_rikkaryo03
 201103_rikkaryo04  201103_rikkaryo05
工期 平成22年7月着工平成23年3月完成
構造・階 鉄筋コンクリート造地上4階
建築面積
延床面積
2657.83㎡
7242.79㎡
施工業者 建築 大成建設㈱

電気 六興電気㈱

機械 新菖工業㈱

概要 関屋地区の六花寮が築45年を経過し、老朽化が著しいため、同寮を五十嵐キャンパスにある五十嵐寮に隣接して移転整備を行った。
本施設は、近年における学生寮のニーズに応えると共に、社会性・協調性・国際性を兼ね備えた人材の養成を目指し、日本人学生と留学生による混住・ユニット型とした。

産学地域連携棟

201009_sangaku01

201009_sangaku02 201009_sangaku03
201009_sangaku04 201009_sangaku05
201009_sangaku06 201009_sangaku07
工期 平成22年5月着工 平成22年9月完成
構造・階 鉄骨造 地上2階
建築面積
延床面積
278.13㎡
492.92㎡
施工業者 建築 ㈱吉原組

電気 石崎防災電設㈱

機械 研冷工業㈱

概要 学内に点在していた産学連携関連の組織を集約し、情報の共有、組織の有機的連携を高めることを目的に整備した建物。
工学部の西村伸也研究室と共に基本設計をまとめた。
設計にあたっては、組織の連携を高めるため、ガラス等を多用し、オープンな空間とした。また、隣接するベンチャー・ビジネス・ラボラトリーとの一体利用を視野に入れた計画とした。
風除室には電動昇降バトンを設置し、展示スペースとして使用できるようにした。また、トイレ、廊下の照明はLED照明とし、環境に配慮した構造となっている。
リーフレット (518KB)

理学系校舎改修(A・B・C棟)

200703_rigaku2

200703_rigaku1

工期 平成18月9月着工 平成19年3月完成
構造・階 A棟 鉄筋コンクリート造 地上5階
B・C棟 鉄筋コンクリート造 地上3階
建築面積
延床面積
A棟 1,267.10㎡ ・ 6,043.91㎡
B棟 588.60㎡ ・ 1,625.40㎡
C棟 1,296.34㎡ ・ 3,873.47㎡
施工業者 A棟 建築 ㈱廣瀬
電気 久住電気㈱
機械 エアプラック㈱
B・C棟 建築 ㈱水倉組
電気 峯榮電工㈱
機械 ㈱繁原設備工業
概要 施設の老朽化の改善及び耐震補強の整備を行うことで安全性を確保し、最先端の教育と研究が行える施設への再生を図るための大型改修、ゼミ室、講義室の集約・共用を図り、学部の枠を超えた総合的研究施設として共同利用スペースを拡充整備し、卓越した研究の推進や若手研究者の支援を図る。

第一体育館改修

200701_taiiku1

200701_taiiku2

工期 平成18月6月着工 平成19年1月完成
構造・階 鉄骨造 地上1階
建築面積
延床面積
1,778.00㎡ ・ 1,778.00㎡
施工業者 建築 ㈱水倉組
電気 白崎電気㈱
機械 丸美建設㈱
概要 施設の老朽化の改善及び耐震補強の整備を行うことで安全安心な施設を確保している。また、災害時における一時避難場所を地域住民に提供し地域に貢献する。

ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー棟

200403_vbl2

工期 平成15月7月着工 平成16年3月完成
構造・階 鉄筋コンクリート造 地上2階
建築面積
延床面積
900.01㎡ ・ 1,499.00㎡
施工業者 建築 ㈱水倉組
電気 ㈱荻荘電機
機械 新冷工業㈱
概要 新産業創生のため、ベンチャー・ビジネスの萌芽ともなるべき独創的な研究開発を推進するとともに、高度の専門的職業能力を持つ創造的な人材を育成し、もって地域産業の振興と地域社会の活性化等地域貢献に資することを目的とした建物。

総合研究棟(生命・環境系)

200308_seimeikankyo

工期 平成14年6月着工 平成15年8月完成
構造・階 鉄骨・鉄筋コンクリート造 地上7階地下1階
建築面積
延床面積
802.22㎡ ・ 5,467.32㎡
施工業者 建築 清水・丸運JV
電気 沖ウィンテック㈱
機械 大成温調㈱
昇降 三菱電機㈱
概要 新たな研究課題に対応するレンタルラボ等を整備し、大学院と基幹学部(理・工・農・自然研)を一体とした施設利用を図り、先端的学際分野におけるプロジェクト研究の推進と卓越した研究拠点の形成を目的とした建物

総合教育研究棟(A棟)改修

200303_sougoukyouikua

工期 平成14月7月着工 平成15年3月完成
構造・階 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造 地上6階
建築面積
延床面積
897.01㎡ ・ 5,156.00㎡
施工業者 建築 ㈱田中組
電気 大明電業㈱
機械 ㈱新潟日立
昇降 ㈱日立製作所
概要 旧教養部の改組に関連し、教養校舎を総合教育研究棟として再編し、併せて老朽化の改善及び耐震補強の整備を行い、既存施設の効率的な利用の促進と安全性を確保するための大型改修。平成13年度より実施している旧教養校舎改修の第2期目の建物。

理学系校舎(A棟)改修

200303_rigakua

工期 平成14月7月着工 平成15年3月完成
構造・階 鉄筋コンクリート造 地上5階
建築面積
延床面積
1,246.90㎡ ・ 3,538.08㎡
施工業者 建 築 ㈱廣瀬
電気 友和工業㈱
機械 東工業㈱
昇降 三菱電機㈱
概要 施設の老朽化の改善及び耐震補強の整備を行うことで安全性を確保し、最先端の教育と研究が行える施設への再生を図るための大型改修、ゼミ室、講義室の集約・共用を図り、学部の枠を超えた総合的研究施設として共同利用スペースを拡充整備し、卓越した研究の推進や若手研究者の支援を図る。

総合研究棟(物質・生産系)Ⅰ期・Ⅱ期

200208_busshituseisan

工期 Ⅰ期 平成12年9月着工 平成13年11月完成
Ⅱ期 平成13年5月 着工 平成14年8月完成
構造・階 Ⅰ期 鉄骨・鉄筋コンクリート造 地上7階地下1階
Ⅱ期 鉄骨・鉄筋コンクリート造 地上7階
建築面積
延床面積
Ⅰ期 1,358.15㎡ ・ 6,688.28㎡
Ⅱ期 2,042.12㎡ ・ 8,072.88㎡
施工業者 Ⅰ期 建築 清水・丸運JV
電気 星野電気㈱
機械 新日本空調㈱
昇降 三菱電機㈱
Ⅱ期 建築 清水・丸運・水倉JV
電気 ㈱応用電業社
機械 東洋熱工業㈱
昇降 三菱電機㈱
概要 新たな研究課題に対応するレンタルラボ等を整備し、大学院と基幹学部(理・工・農・自然研)を一体とした施設利用を図り、先端的学際分野におけるプロジェクト研究の推進と卓越した研究拠点の形成を目的とした建物

教養校舎(C・D棟)改修

200203_kyouyoukousya

工期 平成13月6月着工 平成14年3月完成
構造・階 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造 地上2階
建築面積
延床面積
1,922.00㎡ + 202.77㎡ ・ 4,028.34㎡ + 202.77㎡
施工業者 建築 ㈱新潟藤田組
電気 水澤電機㈱
機械 ㈱ナカムラ
昇降 ㈱日立製作所
概要 教養部の改組に関連し、既存施設の有効活用及び共通教育の集約化を図るための大型改修である。

工学部(D棟)改修

200110_kougaku

工期 平成13月3月着工 平成13年10月完成
構造・階 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造 地上2階
建築面積
延床面積
1,630.87㎡ + 176.23㎡ ・ 2,192.30㎡ + 174.53㎡
施工業者 建築 ㈱高健組
電気 加門電気㈱
機械 ㈱新潟配管
概要 少人数教育に対応できる講義室及び明るく清潔な学習環境の整備を図るための大型改修。

旭町キャンパス

医学系校舎改修 Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期

200603_igaku

工期 Ⅰ期 平成14年7月着工 平成15年3月完成
Ⅱ期 平成15年7月着工 平成16年3月完成
Ⅲ期 平成17年7月着工 平成18年3月完成
構造・階 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ期 鉄骨鉄筋コンクリート造 地上7階
建築面積
延床面積
Ⅰ期 1,358.15㎡ ・ 6,688.28㎡
Ⅱ期 760.00㎡ ・ 4,444.00㎡
Ⅲ期 1,338.23㎡ ・ 5,383.05㎡
施工業者 Ⅰ期 建築 ㈱大成建設 Ⅲ期 建築 ㈱田中組
電気 第一電設㈱ 電気 星野電気㈱
機械 日新設備工業 機械 ㈱マツハシ冷熱
昇降機 三菱電機㈱ 昇降機 三菱電機㈱
Ⅱ期 建築 ㈱廣瀬
電気 ㈱旭電工
機械 新菖工業㈱
概要 大学院医歯学研究科の設置に伴う研究環境の整備を目的とした大型改修。全国で唯一の医学、歯学及び脳研究機能を統合した次世代型の総合大学院として、変換する時代のニーズに即応する柔軟な研究システムの確立を目的とした建物。併せて老朽化の改善及び耐震補強を行い安全性を確保する。

医歯学総合病院 病棟 Ⅰ期、Ⅱ期

200508_byoto

工期 Ⅰ期 平成10年3月着工 平成12年10月完成
Ⅱ期 平成15年2月着工 平成17年8月完成
構造・階 Ⅰ期・Ⅱ期とも 鉄骨鉄筋コンクリート造 地上12階地下2階
建築面積
延床面積
Ⅰ期 2,545.60㎡ ・ 29,068.20㎡
Ⅱ期 2,097.80㎡ ・ 23,000.28㎡
施工業者 Ⅰ期 建築 大成・日産・福田JV
電気 六興・東邦・八重JV
空調 新菱・朝日・日比谷JV
衛生 三建・川崎・ナカムラJV
昇降 ㈱日立製作所
Ⅱ期 建築 大成・福田・新潟藤田JV
電気 六興・八重JV
空調 三機・菱機・新潟日立JV
衛生 ダイダン・西原・新潟企業JV
昇降 ㈱日立製作所
搬送 神鋼電機㈱
概要 最先端の診療医療体制の充実と、病棟診療の管理・運営の機能化・効率化の推進、患者・スタッフのアメニティに配慮した21世紀に対応できる高機能病院を目指した医歯学総合病院の病棟建物。構成としては、低層部に中央診療部門の一部と管理・サービス部門を配置し、3階以上は最上階を除き病室計800床(歯科病室40床含む)を臓器別・疾患別に配置している。

(旭町)総合研究実験棟

200303_asahisogoken

工期 平成14月7月着工 平成15年3月完成
構造・階 鉄筋コンクリート造 地上6階
建築面積
延床面積
989.00㎡ ・ 3,969.00㎡
施工業者 建築 ㈱福田組
電気 栗原工業㈱
機械 東芝空調㈱
昇降 三菱電機㈱
概要 世界最先端の学術研究を推進する卓越した研究拠点として確立を図ることを目的とした建物。特にCOE形成プログラムのプロジェクト指定を受けて設置された「統合脳機能研究センター」を中核とした旭町全体のプロジェクト研究推進の施設整備。