このページの本文へ移動

常勤職員採用(事務)

新潟大学の理念・目標

新潟大学は、高志(こし)の大地に育まれた敬虔質実の伝統と世界に開かれた海港都市の進取の精神に基づいて、自律と創生を全学の理念とし、教育と研究を通じて地域や世界の着実な貢献することを全学の目的とする

事務職員の使命

本学の理念・目標を達成するため、専門性と能力を最大限に発揮し、教育職員等と連携して大学運営に積極的に参画する。

求める人材像

プロフェッショナルとして主体的に組織運営の企画・立案・実行を担う人材

  1. 組織のミッションを共有できる人
  2. 問題意識を持って積極的に業務に取り組み、自ら考え、責任感を持って主体的に業務を進めることのできる人
  3. 自らの能力を向上させようという自己成長意欲のある人
  4. 組織内外のパートナーと協力・協働できる人

採用の方法

新潟大学事務職員として採用されるには、以下の方法があります。

国立大学法人等職員採用試験による採用

関東甲信越地区国立大学法人等職員採用試験実施委員会が主催する「関東甲信越地区国立大学法人等職員採用試験」(第一次試験)の合格者を対象に、新潟大学が二次試験を実施し、最終合格者を決定する方法です。
翌年の4月1日採用が基本ですが、既卒者の場合は、直ちに採用される場合があります。

国立大学法人新潟大学職員採用独自試験による採用

新潟大学が主催する国立大学法人新潟大学職員採用独自試験により、最終合格者を決定する方法です。
翌年の4月1日採用が基本ですが、既卒者の場合は、直ちに採用される場合があります。

試験によらない採用

上記の試験によらずに、採用者を決定する方法です。
採用時期はそれぞれの募集によって異なります。

採用予定人数(2019年4月12日現在)

国立大学法人等職員採用試験または国立大学法人新潟大学職員採用独自試験による採用

採用日 人数
2019年10月1日付け採用(予定)
2020年4月1日付け採用
8名

試験によらない採用

現在募集は行っていません。

採用試験案内

平成31年度(2019年度)職員採用試験案内

人材育成について

本学では、人材育成のため、必要な時期に必要な意識・スキルを身につけられる研修制度を用意しています。

新採用職員向け研修

メニュー