このページの本文へ移動

学長賞(若手教員研究奨励)の授賞式を行いました

2016年11月24日 木曜日 トピックス

学長賞(若手教員研究奨励)は,顕著な研究成果を上げ,「国内外の評価の高い学術誌に掲載された論文」や「受賞論文」等を投稿した若手研究者を顕彰し,将来の学術研究を担う優秀な若手研究者の育成及び研究意欲の向上を図ることを目的として,平成26年度に制定しました。

このたび,第3回受賞者として6名を決定し,11月21日(月)に授賞式を行いました。受賞した教員は以下のとおりです。
今後も本学では,優秀な若手研究者の顕彰を行い,本学の研究水準の向上に繋げてまいります。


6人の受賞者と,(後列左から)高橋均理事,髙橋姿学長,渡部慎二研究企画推進部長

氏名 所属,職 論文標題
崔 森悦 自然科学系,助教 Multifrequency swept common-path en-face OCT for wide-field measurement of interior surface vibrations in thick biological tissues
星 明考 自然科学系,准教授 Rationality problem for algebraic tori
大谷 真広 自然科学系,特任助教 Suppression of B function strongly supports the modified ABCE model in Tricyrtis sp.(Liliaceae)
塚野 浩明 脳研究所,助教 Quantitative map of multiple auditory cortical regions with a stereotaxic fine-scale atlas of the mouse brain
三好 智博 超域学術院,助教 Structural basis for the recognition of guide RNA and target DNA heteroduplex by Argonaute
佐藤 弘恵 保健管理センター,講師 The cumulative incidence of and risk factors for latent beaking in patients with autoimmune diseases taking long-term glucocorticoids and bisphosphonates

本件に関するお問合せ先
新潟大学研究企画推進部研究推進課
電話 025-262-5642
FAX 025-262-5645