このページの本文へ移動

歯周病と関節リウマチの関連メカニズムを解明しました

2017年08月01日 火曜日 研究成果

本学医歯学総合研究科の山崎和久教授、佐藤圭祐大学院生らの研究グループは、理化学研究所との共同研究により、マウスを用いた実験においてPorphyromonas gingivalisという歯周病原細菌が腸内細菌叢を変化させ、腸管免疫をTh17優勢な応答にシフトさせることにより関節炎を悪化させるメカニズムを明らかにしました。

詳しくはこちら(PDF:507KB)