このページの本文へ移動

メタボと咀嚼の能率性に関連性がある事を世界で初めて明らかにしました

2016年11月10日 木曜日 研究成果

歯学部の小野高裕教授らの研究グループは、無作為抽出した都市部一般住民を対象に規格化された方法で測定した「咀嚼能率」の低下とメタボリックシンドロームとの間に関係があることを世界で初めて明らかにしました。

詳細はこちら(PDF:485KB)

 

本件に関するお問合わせ先

新潟大学総務部総務課広報室
電話 025-262-7000
FAX 025-262-6539