このページの本文へ移動

平成27年度科学研究費助成事業に係る前倒し支払請求書について

2015年07月08日 水曜日 科学研究費助成事業

平成23年度以降に新規採択された基盤研究(C)、挑戦的萌芽研究、若手研究(B)(以下、「基金分」という)及び平成24年度から平成26年度に新規採択された基盤研究(B)、若手研究(A)(以下、「一部基金分」という)については、補助事業期間全体を通じて交付決定を受けた助成金の範囲内で、研究の進捗状況に応じて次年度以降に予定していた研究費を前倒して使用することが可能です。前倒し支払請求を希望される場合は、下記により作成のうえ、所属部局の科研費(申請関係)担当係を通じて、研究研究企画推進部研究推進課研究資金係へ提出願います。
なお、前倒し支払請求書の提出は、「日本学術振興会電子申請システム」を利用して行い、「電子申請」及び「印刷文書による提出」の2つの手続きを必要とします。

基金分(平成23年度以降に新規採択された基盤研究(C)、挑戦的萌芽研究、若手研究(B))

提出書類

様式F-3「前倒し支払請求書」(両面印刷)

作成方法

下記手順を参照願います。

その他

一部基金分(平成24年度から平成26年度に新規採択された基盤研究(B)、若手研究(A))

提出書類

様式Z-3「前倒し支払請求書」(両面印刷)

作成方法

下記手順を参照願います。

その他