このページの本文へ移動

弾道ミサイル落下時の行動について

2017年09月15日 金曜日 お知らせ

学生及び教職員の皆様

新潟大学危機管理本部危機管理室長

弾道ミサイルは,発射からわずかの間に到達する可能性もあります。
ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は,国からの緊急情報を瞬時に伝える「Jアラート」により,防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流れるほか,緊急速報メール等により緊急情報が伝達されることとなります。

メッセージが流れたら,行政からの指示に従って,落ち着いて以下のように行動してください。

  1. 速やかな避難行動
  2. 正確かつ迅速な情報収集
  • 屋外にいる場合は,できる限り頑丈な建物や地下に避難する。
  • 建物がない場合は,物陰に身を隠すか,地面に伏せて頭部を守る。
  • 屋内にいる場合は,窓から離れるか,窓のない部屋に移動する。

関係ホームページ

落下物らしき物を発見したら

万が一,落下物らしき物を発見した場合は,決して近寄らずに落ち着いて以下のとおり対応してください。

  • 本学キャンパス内及び関係施設で発見した場合は,最寄りの教職員へ連絡し,総務部総務課へ報告する。
  • 大学外で発見した場合は,警察や消防へ連絡する。

この件に関するお問い合わせ先

新潟大学危機管理本部危機管理室(総務部総務課)
電話 025-262-7525