このページの本文へ移動

死因究明教育センター設置記念行事を開催しました

2017年10月02日 月曜日 トピックス

本学大学院医歯学総合研究科に死因究明教育センターを設置したことを記念して,9月25日(月)に旭町キャンパス新潟医療人育成センター4Fホールにおいて,記念講演会・記念式典を開催しました。

記念行事の様子 記念行事の様子

記念講演会では,文部科学省高等教育局医学教育課課長補佐の黒澤修身様が「医学・歯学教育の現状と課題」と題し,医学・歯学教育モデル・コア・カリキュラムの改訂や死因究明等を担う人材養成,教育及び研究拠点の整備に係る主な取組みについて講演されました。福岡大学医学部法医学教室教授(日本法医学会 前理事)の久保真一様,長崎大学医学部法医学分野教授の池松和哉様からもそれぞれの立場から,現状報告や将来展望が語られました。
記念式典では,髙橋姿学長が式辞を述べた後,黒澤修身様,新潟地方検察庁検事正の吉田安志様,新潟県警察本部長の山岸直人様,第九管区海上保安本部長の下野浩司様より祝辞をいただき,死因究明教育センター長の高塚尚和教授が,法医学を取り巻く社会的課題や新潟県における死因究明の現状などを示し,センター開設の目的や概要,取り組み内容や期待される効果について説明しました。

死因究明教育センターは,新潟県内外の大学との連携,新潟県警察刑事部科学捜査研究所,新潟県医師会,新潟県歯科医師会,地域基幹病院等と緊密に連携して,新潟県のみならず,環日本海ラインにおけるコアセンター,さらに本邦における法医学人材養成での中核施設を目指します。