このページの本文へ移動

「新発田地域の企業と農学部学生との交流事業」を開催しました

2017年10月10日 火曜日 トピックス

学生の県内企業への関心を高め,食品関連企業への理解を深めることを目的に,平成29年9月21日(木)と22日(金)に(株)第四銀行,新発田市,新発田商工会議所と「新発田地域の企業と農学部学生との交流事業」を開催しました。

本事業は,本学と(株)第四銀行が締結している連携協定のもと,昨年に引き続き、新潟大学・(株)第四銀行・新発田市・新発田商工会議所の4者の連携事業として実施したもので,両日ともに農学部の学生約20名が,新発田市内の企業4社((株)栗山米菓、日東アリマン(株),片山食品(株),菊水酒造(株))を訪問し,会社説明や見学,従業員との意見交換などを行いました。学生にとっては,食品企業の現場を直に見ることができる有意義な機会となりました。

各社訪問時には,役員から講演があり,(株)栗山米菓の本間常務からは「“米菓が好き。”という気持ちを大切にしながら気持ちで商品を開発・製造している。」,日東アリマン(株)の石川専務からは「お客様からの期待に応えるだけでなく,時には要望を超える提案も大切。」と仕事に対しての考え方を説明し,学生は真剣な表情で聞き入っていました。

参加した学生からは,「食品企業に興味がわいてきた。」,「開発だけに目が行きがちだったが,製造現場との連携も大切なことだと感じた。」などの感想が寄せられました。

本学では,今後も産金官学の連携による様々な取り組みを実施し,地域社会の発展に寄与してまいります。

真剣な表情で聞き入る学生たち
真剣な表情で聞き入る学生たち
工場見学の様子
工場見学の様子

本件に関するお問合わせ先

新潟大学総務部総務課広報室
電話 025-262-7000
FAX 025-262-6539