このページの本文へ移動

髙橋学長がロシア・クラスノヤルスク医科大学75周年記念行事に参加しました

2017年12月05日 火曜日 トピックス

11月20日(月)~21日(火),髙橋学長が交流協定校であるロシア・クラスノヤルスク医科大学の創立75周年記念行事に参加しました。
同大は,シベリア地方を代表する医科大学。本学とは,1993年から医学部と学生・研究者等間の活発な人的交流が行われており,これまでに100名を超える交換実績を有しています。特に近年は,文部科学省・大学の世界展開力強化事業の採択(H26年度~)を受けて推進中のG-MedExプロジェクトにより,交流が大幅に拡大しています。
記念行事においては,まず,学術セッションが行われ,髙橋学長は「日本の医学教育史」と題して講演を行いました。同大の教員と多数の学生が参加し,質疑も活発に行われました。

髙橋学長による講演

髙橋学長による講演

熱心に聞き入る参加者

熱心に聞き入る参加者

続いて,市民ホールで盛大に行われた記念式典において,海外大学からの招待者のうち4名が登壇して祝辞を述べました。髙橋学長は,同大と本学のこれまでの交流の経緯や実績,現在本学と医学部が行っている事業の紹介,今後の更なる連携への期待等を述べ,日本から持参した記念品を壇上でIvan Artyukhov同大学長に贈呈しました。

祝辞を述べる髙橋学長

祝辞を述べる髙橋学長

記念品の贈呈

記念品の贈呈

記念行事は終始和やかな雰囲気で行われ,同大と本学との強固な継続的交流を確認する良い機会となりました。本学では,本年さらに多分野に渡る日露交流の取りまとめを担う世界展開力強化事業タイプBプラットフォーム構築事業に分担校として採択されたこともあり(平成29年度~:代表 北海道大学),ロシア交流を環東アジア構想の中核プロジェクトの一つと位置づけ,今後とも交流を拡大・深化していきます。

本件に関するお問合せ先

新潟大学学務部 留学交流推進課
TEL 025-262-6935