このページの本文へ移動

米(胚乳)タンパク質が透析患者さんの有効な補給タンパク質になることを明らかにしました

2017年12月22日 金曜日 研究成果

本学大学院医歯学総合研究科の斎藤亮彦特任教授らの研究グループは,透析患者における低栄養が死亡率を増加させることなどについて,米(胚乳)タンパク質が有効で安全な補給タンパク質になることを明らかにしました。

詳細はこちら(PDF:600KB)

本件に関するお問合わせ先

新潟大学総務部総務課広報室
電話 025-262-7000
FAX 025-262-6539