このページの本文へ移動

医歯学系の小松雅明教授が平成29年度日本学術振興会賞を受賞しました

2017年12月26日 火曜日 研究成果

医歯学系の小松雅明教授が,独立行政法人日本学術振興会の平成29年度日本学術振興会賞を受賞しました。

この賞は,創造性に富み優れた研究能力を有する若手研究者を見出し,早い段階から顕彰することでその研究意欲を高め,研究の発展を支援することにより,我が国の学術研究の水準を世界のトップレベルにおいて発展させることを目的とするものです。

各分野を代表する我が国のトップレベルの学術研究者で構成される審査会において,今年度は25名(うち生物系8名)の若手研究者が選出されました。
医歯学系の小松雅明教授は,「選択的オートファジーの異常と消化器疾患発症機序の解明」の研究業績が認められ,このたびの受賞となりました。

受賞式は平成30年2月7日(水)に日本学士院にて行われます。

日本学術振興会

本件に関するお問合わせ先

新潟大学広報室
電話 025-262-7000
FAX 025-262-6539