このページの本文へ移動

積雪時の雪下ろしの判断に役立つ「雪おろシグナル」が新潟県で運用開始されました

2018年01月09日 火曜日 研究成果

本学災害・復興科学研究所は,国立研究開発法人防災科学技術研究所,京都大学と共同で積雪重量分布情報「雪おろシグナル」を開発し,1月9日から全国で初めて新潟県でその運用が開始されました。
この「雪おろシグナル」を活用することで,積雪の高さだけではわからない積雪荷重を知ることが出来るため,家屋等の建造物の倒壊を防ぐ雪下ろし作業のタイミングの判断に役立ちます。

記者発表の様子

左から:本学災害復興科学研究所 河島克久教授,新潟県 米山隆一知事,
防災科学技術研究所雪氷防災研究センター 上石勲センター長

記者発表の様子

記者からの質問に答える河島教授
 

詳しくはこちら(PDF:329KB)

「雪おろシグナル」積雪重量分布情報

本件に関するお問合わせ先

新潟大学広報室
電話 025-262-7000
FAX 025-262-6539