このページの本文へ移動

タンパク尿発症の新たな分子機構を解明しました

2018年04月02日 月曜日 研究成果

本学大学院医歯学総合研究科腎研究センター腎分子病態学分野の河内裕教授,福住好恭准教授らの研究グループは,本学脳研究所動物資源開発研究分野,新潟市民病院小児科,帝京大学内科との共同研究で,タンパク尿発症の責任部位である腎糸球体上皮細胞スリット膜の機能分子としてエフリン-B1を同定し,その機能異常によりタンパク尿が発症することを明らかにしました。
本研究成果は新規タンパク尿治療法開発への貢献が期待されます。
詳細はこちら(PDF:861KB)

本件に関するお問合わせ先

新潟大学広報室
電話 025-262-7000
FAX 025-262-6539