このページの本文へ移動

小千谷市と「健康寿命延伸・フレイルとロコモ予防医学講座」設置に係る協定を締結しました

2018年10月04日 木曜日 トピックス

本学は,小千谷市の寄附により設置する「健康寿命延伸・フレイルとロコモ予防医学講座」に係る協定を,9月28日(金)に小千谷市役所において締結しました。

この寄附講座は,小千谷市の保健事業である「骨粗鬆症検診」の受診者及び関節症等運動器の障害がある者を適切な治療につなぐとともに,生活習慣の改善を図る実践型プログラムの開発と科学的検証により,転倒骨折リスクの減少と移動能力の維持向上を図ることを目的として,健康寿命の延伸に向けた研究を行うものです。

小千谷市の大塚昇一市長(左)と髙橋姿学長(右)

 

締結式において髙橋学長は,「人生100年時代と言われる中,健康に生きることというのは大きな課題。本講座を通じて,転倒骨折や骨粗鬆症等の因子を調べるのみならず,その予防策が小千谷市民の方に還元され,健康寿命の延伸に寄与できるよう努めたい」と寄附講座への思いを述べました。

本件に関するお問合せ先

新潟大学医歯学系総務課庶務係
電話   025-227-2003
FAX 025-227-0715