このページの本文へ移動

第59回新大祭を開催しました

2018年11月09日 金曜日 トピックス

10月20日(土)、21日(日)の2日間にわたって、第59回新大祭が五十嵐キャンパスで開催されました。
当日は、地域の方々や高校生、在学生など多くの人で賑わいました。
新大祭の開催にあたり、ご支援、ご協力いただきました関係者の皆様、来場者の皆様に厚く御礼申し上げます。
今回の新大祭の開催のために、春先から企画・準備を進めてきた新大祭常任委員会委員長の学生から、下記のとおり報告が届いています。

第59回新大祭を終えて

初めまして!新潟大学新大祭常任委員会、委員長の上林と申します。

今年の新大祭は10月20日,21日の2日間で開催しましたが、なんとか無事終えることが出来ました!ご協力して下さった地域の皆様、各企業の皆様、大学関係者の方々、そして参加・運営に関わる学生の皆さん、開催に携わったすべての方々のおかげでこうして第59回新大祭を開催できましたことを、厚く御礼申し上げます。

さて、今年の新大祭のテーマは「新愛なる君へ」でした。「新愛」は本来であれば、親しい愛で「親愛」と書きますが、新大祭に参加、来場して下さる皆様にもっと新大を好きになって頂けるような新大祭を作り上げていきたいという事で、「新愛」という言葉を使いました。また、「新」には新たな試みへの挑戦、の意味も込めています。これまでの新大祭の中でも、最高の新大祭を皆様にお届けするため、常任委員会一丸となって様々な事に挑戦してきました。

今年は本祭初日の朝に雨に見舞われてしまい、プリンス&プリンセスコンテストや学生団体によるステージ企画を外のステージで行えない、といったアクシデントがありました。私は今年、プリンス&プリンセスコンテストに審査員として参加させて頂いたのですが、その時の様子が今でも忘れられません。悪天候により室内であったにも関わらず、会場に入りきらないほど来場してくださった多くの来場者の皆様や、プリンス&プリンセスコンテスト出場者の皆様の明るい笑顔、そしてこれまで準備してきた企画を成功させるため、一生懸命頑張る常任委員会メンバーの姿、会場のすべてが輝いて見えました。この瞬間に初めて、新大祭に出場・参加するすべての方々に楽しんで頂く「新愛なる君へ」というテーマ通りの新大祭を作り上げることが出来たのではないかと実感しました。

新大祭を完成させるまでに、多くの方に支えられてきました。頼りない委員長でしたが、ここまでついてきてくれた常任委員会のメンバーにも本当に感謝しています。自分自身、この新大祭を通して沢山のことを学ばせて頂きました。常任の表舞台からは去りますが、これからはこの経験を活かして後輩たちをサポートしていきたいと思っています。

重ねて御礼申し上げますが、この新大祭に携わってくださった皆様、本当にありがとうございました。わずか二日間という短い期間ではありましたが、第59回新大祭が皆様にとって少しでも良き思い出となってくれたらと思います。ぜひ来年からの新大祭も、よろしくお願いします!

第59回新大祭常任委員会委員長
上林 涼

 


正門企画 

屋内企画 

屋外の様子

屋外飲食店の様子

本件に関するお問合せ先

新潟大学学務部学生支援課
電話 025-262-6091
FAX 025-262-6304