このページの本文へ移動

米の成分に歯周病の予防効果があることを明らかにしました

2018年11月27日 火曜日 研究成果

本学大学院医歯学総合研究科の田村光歯科医師(歯学系大学院生)と前川知樹研究准教授、寺尾豊教授らは、米から抽出した成分で歯周病発症時の歯槽骨吸収が抑制できることを明らかにしました。
この成果は、本学が推進する融合研究ユニットによるものであり、Archives of Oral Biology誌に2018年11月21日(日本時間)に電子版がオンライン公開されました。

詳しくはこちら(PDF:333KB)

本件に関するお問合わせ先

新潟大学広報室
電話 025-262-7000
FAX 025-262-6539