このページの本文へ移動

市民公開講座「みみの医学~難聴とその先端治療研究~」

2018年2月10日 土曜日 講演会等

音の聴こえる仕組みや難聴が起こる機序を明らかにする日本医療研究開発機構の研究課題「内耳による音のナノ振動の受容・応答機構の解明と難聴治療への展開」において開発しつつある最新研究や,成果の一部をご紹介します。
また,背景の説明のため,難聴やその検査,人工内耳の基礎知識もご提供します。

日   時: 平成30年2月10日(土)14:00~16:00(開場 13:30)

場   所: 駅南キャンパスときめいと  2階 講義室A・B(アクセスマップ(ときめいとWebページ))

対   象: どなたでもご参加いただけます

内   容:
開会挨拶                    新潟大学医学部分子生理学 日比野浩 教授
「イントロダクション:難聴の種類と検査方法」  新潟大学医学部分子生理学 任書晃 准教授
「人工内耳~補聴器でも聴こえにくい人へ~」   新潟大学医学部 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 泉修司 講師/総括医長
「MEMS内耳デバイス~難聴治療を標的とした新たな技術~」大阪大学大学院基礎工学研究科 川野聡恭 教授

申   込: 不要

参 加 費: 無料

ポスターはこちら(PDF:2MB)をご覧ください。

お問い合わせ先

新潟大学『みみの医学』事務局(医学部分子生理学分野)
電話:025-227-2073
E-mail :nkawamura@med.niigata-u.ac.jp