このページの本文へ移動

『One Case Museum』関連講演会「縄文時代の編み物と食糧貯蔵」

2019年3月24日 日曜日 講演会等

中央図書館では,新潟県埋蔵文化財センターの出張展示『One Case Museum』で県内の遺跡から出土した様々な資料を展示しています。
この度,新潟県教育委員会主催・新潟大学附属図書館および新潟県埋蔵文化財センターの共催により,関連講演会「縄文時代の編み物と食糧貯蔵」を開催します。ぜひご参加ください。

日時:平成31年3月24日(日) 13:00~16:00 (12:30受付開始予定)

会場:新潟大学附属図書館 ライブラリーホール
※専用駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

内容:
・出土品解説・東日本大震災復興支援発掘について 加藤 学 (新潟県教育庁文化行政課)

・新潟県における縄文時代の編み物と食料貯蔵 佐藤 雅一 (津南町教育委員会)

・福島県南相馬市鷺内遺跡発見のクルミ入り籠 川田 強 (南相馬市教育委員会)

参加費:無料

定員:260名 (申込み不要,先着順)

問い合わせ先:新潟県教育庁文化行政課
電話 025-280-5620 FAX 025-280-5764
e-mail ngt500080@pref.niigata.lg.jp

詳細はこちら(新潟県WEBサイト)をご覧ください。

『One Case Museum』を本講演会に合わせて展示替予定です。こちらもぜひご覧ください。
[One Case Museum]