このページの本文へ移動

国際交流のゆうべを開催しました

2017年02月13日 月曜日 トピックス

日頃本学の国際交流のためにご支援・ご協力いただいている地域の方々と,本学の外国人留学生・研究者および教職員が一同に会し交流を図ることを目的として,平成28年度新潟大学「国際交流のゆうべ」を開催しました。

2月7日(火)に第一学生食堂にて行われ,中国・韓国駐新潟総領事館,地元自治体や各市民団体,地域の方々をお招きし,留学生,日本人学生,教職員ら学内参加者とあわせて計278名が参加しました。

冒頭に,髙橋学長から常日頃ご支援をいただいている地域の方々に向けて感謝の意が述べられた後,大浦理事(教育担当)の乾杯の発声により会がスタート。
留学生たちに新潟の美味しいものをたくさん食べてほしいという想いから,テーブルには新潟ではお馴染みの「ぽっぽ焼き」や五泉里芋の芋煮,地魚の握り寿司などの料理が並び,農学部の生産米から作った日本酒もふるまわれました。新潟の美味しい料理を食べながら,賑わう会場の中,参加者たちは交流の輪を広げていました。

h28yuube2 h28yuube5_r

歓談を挟みながら,国際ボランティアサークルによる活動紹介や,留学生による日本語スピーチ(テーマ:「日本に来て驚いたこと」),留学生と日本人学生による「インドダンス」と「ソーラン節」のパフォーマンスを披露。新潟国際友好市民の会と有志の方々による「佐渡おけさ」の披露の後,「新潟甚句」では,参加者も一緒に踊りに加わり大きな輪ができると会場のボルテージは最高潮に達し,盛況のうちに幕を閉じました。

参加者は,自国の文化などを生き生きとした表情で語らい,異文化への理解を深めながら,学生,教職員,地域の方が一堂に会し交流する貴重な機会を満喫していました。

本学は,今後も地域の方々等との積極的な交流を行いながら,「高い専門性に立脚したグローバル人材」の育成に尽力していきます。

h28yuube1 h28yuube4