このページの本文へ移動

「第1回新潟大学シーズプレゼンテーション」を開催しました

2017年04月26日 水曜日 トピックス

平成29年4月19日(水)、本学東京事務所を設置している東京工業大学キャンパス・イノベーションセンター(東京都港区)において、首都圏企業との共同研究の推進を目的とした「第1回新潟大学シーズプレゼンテーション」を開催しました。

シーズプレゼンの様子

これまでシーズプレゼンテーションは、新潟県内を中心に開催してきましたが、研究成果をより積極的に社会に還元するため、新潟大学東京イノベーションクラブの協力を得て、今年度初めて首都圏で開催しました。

当日は、大学院医歯学総合研究科の柿原助教より「骨に良い食品素材のスクリーニング~機能性表示食品の開発へ向けて~」、工学部の阿部准教授より「機械学習を活用したゲノムビックデータからの知識発見」、工学部の寒川准教授より「接触力・光・温度複合MEMSセンサによる触り心地・見た目・温もりを含む質感計測」と題したプレゼンテーションが行われました。企業関係者や行政、金融機関などから多数の参加があり、プレゼンテーションで紹介された先端技術に関する質問も多く寄せられ、大盛況のうちに終了しました。

本学では、今後も継続的にシーズプレゼンテーションを開催し、研究成果を広く社会に還元するとともに産学連携を進める取り組みを行ってまいります。

シーズプレゼンの様子 シーズプレゼンの様子