このページの本文へ移動

「平成29年度大学の世界展開力強化事業 第1回GLocal Age 2020シンポジウム」を開催しました

2017年05月30日 火曜日 トピックス

本学は,平成27年度採択文部科学省「大学の世界展開力強化事業(トルコ)」に基づき,5月18日(木)に「第1回GLocal Age 2020シンポジウム」を開催しました。
本事業は,本学(農学部,大学院自然科学研究科,災害・復興科学研究所),福島大学,並びにトルコのアンカラ大学,エーゲ大学,中東工科大学が連携し,両国の農業及び防災の課題をしなやかに解決する能力「レジリエンス」を持つ人材養成を目的とするものです。

シンポジウムには,教職員・学生,学外参加者を含め約70名が参加し,事業の紹介により参加者が事業内容を理解することから始まり,トルコ人特任助教によるトルコの現状報告のもと,トルコの国, 歴史,地形,農業,最新の安全情報や生活情報について説明が行われました。さらに,現在本学で受け入れている,アンカラ大学大学院生の本学における研究内容について流暢な日本語での発表が行われました。

続いて,本事業に基づき派遣プログラムに参加した,日本人学生による体験談が英語で語られ,派遣プログラムを通して学んだことや今後の課題について発表されました。発表では,トルコ人学生受け入れに関する報告もあり,トルコ人学生が新潟の農業,防災・復興技術に大変興味を示していることなども報告されました。

トルコで農業や防災に関する技術移転に取り組んでいる企業から活動の紹介もあり,参加した学生,教職員らは熱心に耳を傾けていました。