このページの本文へ移動

学生団体CANsが子ども達と「いざ出航!巨大な光の船」を開催しました

2018年7月1日 日曜日 サークル

7月1日(日),本学五十嵐キャンパス第2体育館にて学生団体CANs主催の企画『いざ出航!巨大な光の船』が開催されました。

定期的に地域の小学生を中心とした子どもたちに自己肯定感の一助となるイベントを実施しているCANs。今回の企画は約15,000本のペットボトルを用いて、約8メートルの巨大な船をつくるというもので,半年を超える準備期間を経て開催されました。

今回は対象を中学生まで拡大し小中学生99名、大学生26名と総勢120名を超える参加がありました。
なお、本企画は新潟市教育委員会様、新潟市「水と土の芸術祭2018」実行委員会様のご後援のもと行われました。

チームに分かれて作業を行い,ペットボトルを組み合わせて着実に作り上げていく子どもたち。小学校5・6年生と中学生がリーダーとしてチームをまとめる役割を担い,挫けそうなときは励まし合いながら,リーダーを中心に制作に取り組む様子が見られました。CANsの学生たちも,そんな子どもたちの様子を見守りながら,時にアドバイスをするなど子どもたちのサポート役にまわりました。

体育館内の暑さにも負けず、半日かけて立派な船が見事できあがり、いよいよ船がライトアップされ「巨大な光の船」が完成すると、子どもたちや見守った保護者たちから大きな歓声があがりました。
子どもたちに感想を聞いてみると、「難しかったけど、完成した時は嬉しかった!」、「みんなで頑張ったのでとても楽しかった!」と弾むような声で話してくれました。

CANsのメンバーは、「暑い中、半日にわたってペットボトルに向かい一生懸命取り組む子ども達の真剣な顔が印象的でした。船が見事完成したときは、私たちも感動で胸が熱くなりました。完成した船に乗り写真を撮っているときの子どもたちの笑顔が達成感で満ち溢れていたのが印象的でした。参加してくれた子どもたちが今後また何かに挑戦して、試行錯誤を経て同じように達成感を得た笑顔になってくれればと祈っています。」と語りました。
学生団体CANsは今後も子どもの自己肯定感醸成に力を入れ活動を行っていきます。

新潟大学 学生団体CANsについてはこちらをご覧ください。
Homepage:https://cansuniv.wixsite.com/mysite Facebook:https://www.facebook.com/CANs.niigata/Twitter: https://twitter.com/CANs_niigata