このページの本文へ移動

学生表彰被表彰者を決定しました

2020年3月30日 月曜日 学術研究活動

3月2日に学生表彰審査会を開催し,学生表彰被表彰者を決定しました。
被表彰者として決定された者は,優秀な学業成績を修めた者,学術研究活動で高い評価を受けたもの,課外活動において顕著な成果を挙げたもの及び社会活動等において高い評価を受け本学の名誉を高めたと認められた個人又は団体を讃えるもので,今回対象となった学生は以下のとおりです。
なお,3月19日に予定していた学生表彰式については,新型コロナウイルス感染が国内で広がりを見せていたことから中止しました。

1 在学期間を通じて、極めて優秀な学業成績を修め、高い評価を受けた者

氏 名(所属) 表彰理由
半内 広貴(理学部) 新潟大学学業成績優秀者奨学金規則に定める学業成績優秀者奨学金の給付を対象となる毎年次において受け,卒業年次における学業成績についても極めて優秀と認められるため。
唐澤 崇史(理学部)
阿部 智也(医学部保健学科)
和田 夏菜(農学部)

2 学術研究活動において,特に顕著な成果を挙げ,学界又は社会的に高い評価を受けたもの

氏 名(所属) 表彰理由
橋本 拓也(教育学部) ・電子情報通信学会宇宙航行エレクトロニクス国際研究集会(ICSANE2019)において発表し,若手科学者賞を受賞した。
渡辺万祐子(自然科学研究科) ・国際学術雑誌(International Journal of Molecular Science,Gels,Chemistry Letters)の3報で筆頭著者として成果発表を行った。
・第29回日本MRS年次大会及び第10回サクラン研究会年次学術集会において発表し,優秀発表賞を受賞した。
阿部 透(自然科学研究科) ・第63回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会において,ベストプレゼンテーション賞を受賞した。
赤間 翔太(自然科学研究科) ・国際学術雑誌(Chemistry Letters,Polymers)において成果を公表した。
・国際会議(Asian Conference on Engineering Education 2018)及び学会(7th International Seminar for Special Doctoral Program’Green Energy Conversion Science and Technology)において発表し,優秀発表賞を受賞した。
RANA Sohel(自然科学研究科) ・日本地域学会における優秀発表賞を受賞した。
長谷川 寿人(自然科学研究科) ・論文が雑誌(Mathematics of Computation)に掲載された。
山田 万祐子(医歯学総合研究科) ・医療ビッグデータに基づいた糖尿病患者における血管合併症リスクの検討について,国際専門誌(Diabetes & Metabolism及びThe Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism)に報告した。
・日本糖尿病学会年次学術集会,米国糖尿病学会,欧州糖尿病学会において発表した。
・平成30年度長寿科学関連国際学会派遣事業に採択された。

3 社会活動等において,社会的に高い評価を受け,本学の名誉を著しく高めたと認められるもの

氏 名(所属) 表彰理由
乙坂 まりん(医学部保健学科) ・国立青少年教育振興機構における学生のボランティア活動について,高く評価され,その功績をたたえて表彰された。

今後も本学では,表彰を実施することで,表彰学生のみならず学生全体の学術研究活動や課外活動に対する意欲を醸成していきます。

本件に関するお問合せ先

学務部学生支援課
電話 025-262-7506