このページの本文へ移動
  1. ホーム
  2. 関連情報
  3. 医歯学総合研究科(博士後期課程)口腔生命福祉学専攻の三つのポリシー

医歯学総合研究科(博士後期課程)口腔生命福祉学専攻の三つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

人材育成目標(修了生が身につけるべき資質・能力)

口腔生命福祉学専攻(博士後期課程)の人材育成目標については,新潟大学大学院医歯学総合研究科規程第2条の2第2項(3)で,「摂食・口腔機能の維持向上,安心・安全な食介護の推進に関し,口腔を中心とした生命医療科学を基盤としながら,保健・医療と社会福祉学領域等との学際的研究を推進できる指導的教育研究者及び地域・国際社会において指導的役割を果たせる高度専門職業人を養成する。」と規定している。
この人材育成目標達成のため,以下の資質能力を身につけさせる。

  • 口腔生命科学と保健医療福祉制度を含む社会福祉学に関する高度かつ統合的な専門知識を有し,これに基づいて実社会における健康・福祉課題について,科学的思考に基づき分析・評価・考察し,解決に導くことができる能力。
  • 口腔保健福祉領域における研究者・高度専門職業人として,生命倫理や安全管理等に配慮しながら,要介護高齢者,障害者など様々な対象者の多様性に応じた適切かつ効果的な対応を立案・実施・評価できる能力。
  • 専門職として高い倫理観と責任感を持って,指導的立場からチームや関係機関・関係者と効果的に協働しながら,率先して課題解決にあたり,地域・国際社会に貢献する能力。

到達目標(目標としての学修成果)

(1)知識・理解

  • 口腔生命科学および保健医療福祉制度を含む社会福祉学に関する高度かつ統合的な知識。
  • 口腔保健福祉学領域における最新の研究手法や近年の研究動向の理解。
  • 口腔保健医療福祉に関する国内外の施策・活動等の現状と課題に関する理解。
  • 摂食嚥下障害や障害者等の社会的背景,特性・病態および口腔保健管理や福祉援助法に関する専門知識。
  • 研究デザインや統計分析の実践に関する知識。
  • 生命倫理や安全管理・感染対策に関する専門知識。

(2)当該分野固有の能力

  • 摂食嚥下障害や障害者等の口腔保健福祉課題の評価とそれに基づいた対応を提案・実施できる高度な専門技能。
  • 口腔保健医療福祉専門家として指導的立場から関係者と連携しながらチーム医療や地域包括ケア等を推進できる能力。
  • 口腔保健福祉領域における論文・各種データベースを適切に検索・解釈・活用する能力。
  • 口腔保健福祉領域における研究を適切に指導・展開できる能力。

(3)汎用的能力

  • 科学的思考に基づき,的確に問題発見から課題解決まで論理的に展開できる能力。
  • チーム内でリーダーシップを発揮し,計画的に課題を実施する能力。
  • 英語を含む文章,図表または口頭で的確なコミュニケーションが行える能力。
  • データを適切な方法で統計解析する能力。

(4)態度・姿勢

  • 生命倫理や研究倫理等を尊重し,責任感を持って公平・公正に対応する。
  • 国際的視野と科学の進歩に関心を持ち,継続的な生涯学習を実践する。
  • 口腔保健福祉領域における指導的教育研究者・高度専門職業人として率先して地域・国際社会に貢献する。

カリキュラム・ポリシー

カリキュラム編成,学修内容・方法と学修成果の評価方法

カリキュラム編成

口腔生命福祉学専攻(博士後期課程)では,摂食・口腔機能の維持向上,安心・安全な食介護の推進に関し,口腔を中心とした生命医療科学を基盤としながら,保健・医療と社会福祉学領域等との学際的研究を推進できる指導的教育研究者及び地域・国際社会において指導的役割を果たせる高度専門職業人を養成するという目的を達成するため,以下の方針で教育課程を編成する。

  1. 統合的な知識を履修するため,従来の学問分野の枠にとらわれない統合的な科目構成とする。
  2. 学生の段階的かつ円滑な履修を可能とするため,「必修コースワーク科目」(レベル1),「専門展開科目」(レベル2),「研究指導」(レベル3)からなる段階的カリキュラムを編成する。専門展開科目では専門選択科目として,多様な学生ニーズに対応できるよう口腔保健推進学系と医療福祉援助学系の科目を開講し,より専門的な知識・技術や,研究課題に対応した研究理論等を修得する。

学修内容・方法

レベル1の必修コースワーク科目では口腔生命科学と医療福祉援助に関する包括的な知識や嚥下障害等に対する評価・対応に関する専門的知識・技術,研究手法・統計解析法や生命倫理・研究倫理,英文読解などについて体系的な講義,演習を通じて学修する。レベル2の専門展開科目では障害者等の口腔保健管理や医療援助,摂食嚥下障害への対応などについて最新の研究成果等も踏まえより専門的に学ぶ。レベル3では,複数指導教員体制のもとで各自のテーマに応じた研究を行い,博士論文を作成する。

学修成果の評価方法

各科目の学修成果は口頭試問,レポート,グループディスカッションの参画状況,観察記録により判定する。
学位論文は事前に公開の学内学会で予備審査を受け,論文提出後,研究科教授会で選考された主査1名,副査2名による審査,試験を経て,教授会で合否を判定する。

アドミッション・ポリシー

入学者に求める資質・能力と入学者選抜方法

(1)入学者に求める資質・能力(求める学生像)

口腔保健・医療福祉分野に従事する専門家として求められるより専門的な教養とコミュニケーション能力などの資質とともに,専門科目の履修に必要な学力を有した上で,生命科学一般及び保健医療福祉に関する基本的理解に立脚した,専門分野への深い関心と高い目的意識を持ち合わせた学生を求める。

(2)選抜方法

本専攻が目指す学際的研究の自律的な遂行と新たな学問体系の確立,あるいは地域・国際社会における先駆的実践に高い意志を持ち,口腔を中心とした生命医療科学および保健・医療・福祉に関する基本的理解とともに,修学および研究の遂行に必要な一般教養,コミュニケーション能力,語学力を有する人を選抜する。
一般入試個別学力検査では,研究に必要な語学力については筆記試験(「英語」試験)にて,また口腔保健福祉学領域に対する関心・目的意識および知識・理解については面接試験により評価している。
「英語」試験では英文読解および和文記述力とともに,口腔保健福祉学領域に関する基礎的理解度を問う問題としている。面接試験では口腔保健福祉学に関する専門知識と技能に関する口頭試問試験を行うとともに,目的意識・意欲,コミュニケーション力および進取性・主体性・協調性を総合的に評価している。
社会人特別入試個別学力検査では,面接試験による腔保健福祉学に関する専門知識と技能に関する口頭試問試験と合わせ,英論文を提示し,英語読解力を評価している。あわせて,目的意識・意欲,コミュニケーション力および進取性・主体性・協調性を総合的に評価している。