このページの本文へ移動
  1. ホーム
  2. 関連情報
  3. 工学部の三つのポリシー(知能情報システムプログラム)

工学部の三つのポリシー(知能情報システムプログラム)

ディプロマ・ポリシー

人材育成目標(卒業生が身に付けるべき資質・能力)

高度に知的な最先端の情報システムの原理・仕組み・構築法に通じ、広い教養と深い見識を持ち、その知識と技術を活用することで、地球・人間・社会の中で生じる様々な課題について自ら発見と解決を図り、グローバルに様々な領域で、周囲とのコミュニケーションを図りながら活躍できる人材を育成します。

本学に当該プログラムの修業年限以上在学し、所定の授業科目及び124単位以上を修得した者で、下記のプログラムの到達目標に示された能力を有すると認められる者に、学士(工学)の学位を授与します。

プログラムの到達目標(目標としての学修成果)

知識・理解

  • 数学、物理学などの自然科学に関する基礎理論を修得している。
  • 情報一般の原理を修得している。
  • コンピュータで処理される情報の原理を修得している。
  • コンピュータのソフトウェアに関する基礎的知識を修得している。
  • コンピュータのハードウェアに関する基礎的知識を修得している。
  • 社会において情報を扱うシステムを構築し活用するための技術を修得している。

当該分野固有の能力

  • 情報の構造を設計する能力及び計算を設計し表現することができる。
  • 形式的なモデルのもとで演繹することができる。
  • 情報を扱う機械を作る能力及び運用する能力を身に付けている。
  • 巨大なデータを扱うことができる。
  • システムの体系・構造を理解し表現することができる。
  • 社会において情報を扱うシステムを作る能力及び運用する能力を身に付けている。
  • 複雑なシステムの作成を管理することができる。
  • 社会において情報に関わる問題を発見し解決することができる。
  • 情報一般の原理を自覚して情報社会に積極的に参画することができる。
  • 個人および社会に対する情報の意義や危険性を読み解くことができる。
  • 社会においてルールを遵守しつつ情報を利活用することができる。

汎用的能力

  • 新たな概念や視点を獲得することができる。
  • 論理的思考により、対象のモデル化、抽象化を行うことができる。
  • 問題を発見し、解決することができる。また、問題解決のためのシステム思考、批判的思考ができる。
  • 科学技術分野の論文・マニュアルなどが理解でき、また、正しい技術文書を書くことができる。
  • 人前で、資料に基づき、発表できる。
  • 専門分野に関する英語の読み書き及びコミュニケーションができる。
  • 議論において自分の考えを的確に伝えられると共に、他人の主張を正しく理解できる。また、共同作業を円滑に進めることができる。

態度・姿勢

  • 技術者としての倫理・責任を自覚し、積極的に社会に関わる態度を備えている。
  • 自主的、継続的に学習や問題解決に取り組む態度を備えている。
  • 他分野への興味を持ち、多種多様な考え方を結びつけて考える態度を備えている。

カリキュラム・ポリシー

到達目標に達するための教育課程

カリキュラム編成、学修内容・方法

1年次では、一つの専門分野に閉じることなく工学全体を俯瞰させるための基礎教育を工学部共通教育として実施し、さらに2年次以降に学ぶ専門分野に必要な基礎知識を学修します。そのために、大学学習法(工学リテラシー入門)におけるアクティブラーニングの導入やインターンシップによる社会・企業体験を通じた、主体的に学修する学生への転換教育、総合工学概論や総合技術科学演習による複数分野の基礎知識・基礎技能を獲得させる基礎教育、技術者や研究者の心がまえに関する倫理教育、及び専門分野を学ぶ上での基礎となる数物化系・社会科学系・情報リテラシーに関する分野導入教育を行います。
2年次以降は知能情報システム分野に関連する専門科目を学修します。2年次では、情報処理のための数学、プログラミング、ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークなどの基礎を学修します。さらに、3年次では、人工知能、IoT(Internet of Things)、ビックデータ、ロボットなどに関係する専門、ならびに、応用分野を学修します。
また、2年次から4年次まで実験、実習、卒業研究を通して、少人数のゼミや研究室などの小さなコミュニティの一員となり、学習面だけでなく生活面でも指導教員のきめ細かな指導を受けながら、様々な分野において学んだ知識・技術を応用して、問題を発見・整理・分析する能力、コミュニケーション能力や技術者としての倫理観・責任観を培います。さらに国際工学概論や海外研修などによりグローバルなエンジニアリング・デザイン能力を培います。

学修成果の評価方法

各学生の学修成果は、半年ごとに各学生が作成するNBASのアセスメントシートによって、プログラムの到達目標および個人の長期目標に対する到達度合いとして学生本人および教員が認識できるようにします。最終的には、工学部規程および同細則に記載されている知能情報プログラムの第4年次進級基準および卒業資格基準に照らし合わせて評価します。

アドミッション・ポリシー

入学者に求める学力と入学者選抜方法

入学者に求める学力

学力の3要素である①「基礎的・基本的な知識・技能」、②「思考力・判断力・表現力など」、③「主体性・多様性・協働性」の3つを高校までに修得し、さらに入学後にこれらの学力を主体的に伸ばすための能力を持った学生を求めています。具体的には、工学の基礎から先端技術に関する専門的知識の習得、及び多様な知識の習得を目指す意欲と行動力を持った人の入学を希望します。そのためには、高校で基本的な知識を身に付けるとともに、思考力・判断力を養い、主体的かつ周囲と協調できる姿勢を身に付けていることが望まれます。

選抜方法

一般選抜(前期日程)

基礎的な知識の評価を重点的に行い、高等学校卒業レベルの基礎学力を有するとともに、専門分野に関連する科目への高い理解力・応用力を持つ学生を選抜する。大学入学共通テストにおいては、5教科7科目の試験を課し、高等学校卒業レベルの基礎学力を評価する。個別学力検査においては、数学、理科、英語を課し、工学分野を学ぶ上で特に重要な科目への理解力と応用力を評価する。これらと調査書の内容を総合して評価する。

一般選抜(後期日程)

基礎的な知識及び主体的な学習意欲の評価を重点的に行い、高等学校卒業レベルの基礎学力を有するとともに、勉学意欲と工学分野への高い関心を持つ学生を選抜する。大学入学共通テストにおいては、5教科7科目の試験を課し、高等学校卒業レベルの基礎学力を評価する。個別学力検査においては、面接を行い、主体的に工学分野を学ぶ意欲と能力を評価する。これらと調査書の内容を総合して評価する。

総合型選抜

大学における勉学に必要な基礎学力、思考力、勉学意欲、明確な志望動機及び高等学校等内外での活動に係る主体性と表現力等を持ち、本プログラムの工学分野に関する基礎から先端技術にわたる専門的知識及び多様な知識の習得を目指す意欲と行動力を持った学生や、社会の諸問題に対して興味・関心を持ち、工学分野の専門的知識を駆使してそれらの問題の解決策を考える意欲と行動力を有する学生を選抜する。出願書類(活動報告書に基づいた自己推薦書)においては、勉学意欲・関心、志望動機、主体性等を評価する。小論文においては、思考力、表現力、工学分野に関する知識等を評価する。面接(自己推薦書の内容に基づいたプレゼンテーション及び口頭試問を含む)においては、思考力、表現力、勉学意欲、志望動機、主体性、大学における勉学に必要な基礎学力を評価する。

学校推薦型選抜Ⅰ

高等学校で学んだ専門分野の基礎知識(該当する出願要件で出願する志願者に限る)、大学における勉学に必要な基礎学力、思考力、勉学意欲、明確な志望動機及び主体性を持ち、本プログラムの工学分野への高い関心を有する学生を選抜する。面接(口頭試問を含む)においては、基礎学力、勉学意欲、志望動機及び専門への関心の高さと適正を評価する。出願書類(推薦書、調査書、活動報告書等)においては、学業成績や主体性等を評価する。

学校推薦型選抜Ⅱ

大学における勉学に必要な基礎学力、思考力、勉学意欲、明確な志望動機及び主体性を持ち、本プログラムの工学分野への高い関心を有する学生を選抜する。面接においては、勉学意欲、志望動機及び専門への関心の高さと適正を評価する。大学入学共通テストにおいては、3教科3科目の試験を課し、大学における勉学に必要な基礎学力を評価する。出願書類(推薦書、調査書)においては、学業成績や主体性等を評価する。